転職活動

39歳・40歳で無職が再就職をし、絶望から脱出する方法【30代後半OK】

39歳・40歳で無職が再就職をして、ひきこもりへの道から脱出する方法【30代後半OK】
なやむ人
なやむ人
30代も後半、もう40歳目前なのに無職になってしまった…。取り立てて何か資格や技術があるわけでもないし…。この先いったいどうやって生きていけばいいんだろう…。

そんな悩みにお答えします。

本記事の内容
  • 39歳・40歳の無職が再就職する方法
  • 39歳・40歳でも比較的簡単に再就職できる会社・業種
  • 39歳・40歳が再就職をせずに生きていく方法
ちなみな
ちなみな
こんにちは、ちなみなです。僕はこれまで数回の転職を重ね、様々な仕事をしてきました。
ブラック企業のパワハラ、過労、ストレスで顔面神経痛になった僕の転職成功体験談こんにちは。 15年以上パワハラが蔓延るブラック企業で社畜として働いてきた「ちなみな」といいます。 このブログでは僕と同じよ...

一旦会社を退職し、転職エージェントを使って現在の会社に転職をし、その時はかなり苦しい思いもしました。

以下の「激しく後悔!? 退職後、有給消化中に感じた40代転職の難しさと現実」の記事では転職活動中の苦悩を書いていますので、こちらもぜひご覧下さい。

 

まだまだ年功序列社会が続いていると思われている日本社会ですが、ちょっとしたことでその制度は崩れていきます。

2020年には新型コロナウイルスが蔓延し、多くの労働者が首を切られ路頭に迷ってしまいました。

今後もこのような事がいつ起こるかわかりませんし、この記事をお読みいただいているあなたもそんな一人なのかもしれません。

ここでは38歳、39歳という40歳目前の年齢で何らかの理由で会社を辞めざるを得なかった人に向けて、38歳、39歳、そして40歳でも再就職ができる方法を解説していきます。

もしこれを読んでいるあなたが40歳を超えていたとしても、正しく活動をしていけば再就職をすることができますので、ぜひ最後までお読み下さい。

 

結論は? 39歳・40歳無職が再就職する方法とは?

まず最初に結論からお話すると39歳、40歳で再就職する場合は以下の手順で活動していくのが理想です。

39歳・40歳無職が再就職する方法
  1. 転職エージェント「ジェイック(JAIC)」を利用する
  2. 30代後半・40代でも就職しやすい会社を探す
  3. アルバイトをしながらフリーランスを目指す

この流れで活動していくのが最も高い確立で再就職ができるはずです。

それでは順番に詳しくお話していきますね。

39歳・40歳で無職、再就職に失敗するとひきこもりへの道が加速する

まず38歳、39歳、40歳という年齢ではとにかく勤めていた会社を退職して、可能な限り早く次の再就職先を見つけるというのが最優先事項です。

もしかしてこの記事を読んでいるあなたは、会社理由によって解雇になった可能性もあるでしょう。

その場合は通常3ヶ月経たないともらえない失業保険を即時に支給してもらうこともでき、自己都合退職の時と比べてもらえる金額もかなり多くなるはずです。

ただこれが実はよくありません!

すぐにある程度のお金が入ってしまうので、

  • しばらく経ってから再就職活動すればいいやと思う
  • 堕落した生活になってしまう
  • 資金が尽き焦った頃にはブランクができてしまい再就職できなくなる

こんなスパイラルに陥ってしまうことがあります。

こうなったらもう最後。

この場合、再就職活動をしてもしても、書類選考さえも通過せず、そのうちやる気をなくしてしまい、中年ひきこもりニートになるしかありません。

そこでアルバイトでもする気力があればいいですが2ヶ月も3ヶ月も堕落した生活をしていた場合、そこから抜け出すのはかなりの至難の業です。

ですので、退職してから1週間程度は気分転換をしてもいいと思いますが、そこからは本気を出して再就職活動に力を入れるようにしましょう!

逆に退職後1週間程度は、しっかり体を休めたり、これまでできなかった事をやってみる期間にしてもいいでしょう。

詳しくはこちらの「退職後に必ずするべき事!しないと転職後に後悔します!」で解説しています。

退職後最初にやるべき事
退職後に必ずするべき事!しないと転職後に後悔します!会社を退職すると焦って次の転職先を探さないといけないと思ってしまいがちですよね。でも退職したらちょっとだけ休んで、これまでできなかった事をやってみるのもいいと思います。今回は退職したらまずやるべき事を紹介していきます。...

39歳・40歳で無職が再就職をする方法1:30代後半に強い転職エージェントに登録

39歳・40歳で無職が再就職をする方法1:30代後半に強い転職エージェントに登録

39歳という40歳目前で無職状態から再就職をしようとした場合は、まず「転職エージェント」を利用しましょう。

自分1人で転職サイトを利用して再就職活動をしたとしても成功する場合はあります。

ただ転職サイトを使った再就職活動の場合は失敗する可能性や、かなりのリスクがあるということも知っておいた方がいいでしょう。

転職サイトを利用して再就職した際の現実
  • 再就職活動が長期化する恐れがある
  • 20代の水準の給料で働くことになる
  • ブラック企業に入社する可能性がある

このようなことにもなりかねません。

転職エージェントを利用した転職については「ブラック企業のパワハラ、過労、ストレスで顔面神経痛になった僕の転職成功体験談」の記事を参考にして下さい。

簡単にまとめてみると転職エージェントを利用した再就職活動をすることにより、以下のようにスムーズな再就職が可能になります。

転職エージェント利用のメリット
  • 面談で自分の強みを知ることができる
  • 自分の適性にあった求人を紹介してもらえる
  • 前職に近い給料水準の仕事を紹介してもらえる
  • 履歴書等の書類添削、面接対策をしてもらえる
  • 面接日程・給料交渉などの調整もしてもらえる

このように自分一人で再就職活動をするのに比べ効率的に再就職活動をすることができます。

ちなみな
ちなみな
特にこれまで一度も転職をした事がないような方は、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方もわからない人が多いんじゃないでしょうか?

そこに時間がかかり、さらに時分で仕事検索をしないといけないという事になると時間がどれだけあっても足らなくなります。

ですので、再就職の際は必ず転職エージェントを利用するようにしましょう。

39歳・無職でも利用可能・再就職できる転職エージェントを使う

そして最もポイントなのはここです。

39歳・40歳で無職というような場合、ある程度のキャリアがないと20代、30代向けの転職エージェントに登録するのは困難です。

転職エージェントは転職希望者は完全無料で利用でき、人材を企業に入社させることで企業から成功報酬をもらうというビジネスモデル。

そのため企業がほしがる20代の若手や、ある程度のキャリアがある30代を求める傾向があります。

そのため現在無職というだけで市場価値は下がりますので、転職エージェントに登録しても登録却下となってしまうこともあるでしょう。

その辺りの転職エージェントの裏話はこちらの「転職エージェントに断られる、求人紹介をしてもらえない裏事情」に書いています。

ただ39歳でも登録できる転職エージェントはありますので、ここで落ち込むことはありません。

僕がおすすめする39歳でも登録することができる転職エージェントは「ジェイック(JAIC)」です。

39歳・無職でも利用可能・再就職できる転職エージェントを使う

ジェイックは厚生労働省から「職業紹介優良事業認定」を受けた転職エージェントです。

これは全国の就職支援会社18,000社のうち、わずか43社しか認定されていない、信頼の証ですので、どれだけすごいかわかってもらえるでしょう。

このジェイックを利用することで、39歳無職のあなたの再就職の道はかなり開けてくるはずです!

>>【完全無料!】ジェイック(JAIC)公式サイトはこちら

利用料完全無料!39歳まで登録可能!

39歳・無職でも登録・再就職できるジェイック(JAIC)

ジェイックはフリーター、既卒をメインに就職支援を行っている就職エージェント・転職エージェントです。

元々は34歳までしか利用できませんでしたが、時代の変化に伴い39歳まで利用ができるようになりました。

ちなみな
ちなみな
40歳ぎりぎりであっても登録できる可能性はあるから、諦めずにトライしてみよう!

ジェイック(JAIC)の特徴は5日間の就職活動のプログラムをセミナーで受け、その後に企業との面接イベントに参加するという点です。

合同面接イベントで企業との一次面接を行い、面接に通過した場合企業との個人面接を行い、内定を目指すという流れになっています。

ジェイックの利用の流れ
  1. ジェイックに無料登録
  2. 説明会
  3. 個別面談(アドバイザーとの面談)
  4. 就職支援講座(就職カレッジ)
  5. 合同面接会
  6. 個別企業面接
  7. 就職決定(内定)

こんな流れですね。

そして、ジェイックのもう1つのポイントは「書類選考」がないこと!

ちなみな
ちなみな
転職や再就職活動が初めてという人も助かりますね。

セミナーを受ければ、書類選考なしで企業との面接を受けることができ、しかも企業は採用意欲の高いところばかり。

ジェイックの対象は39歳までとなっていますので、このチャンスを逃したら終わり

たとえ40歳であったとしても、1歳程度であれば登録をすることができる可能性はあります。

悩んでいる暇、迷っている暇なんて1秒たりともありません!

もう後がありませんので、すぐに登録するようにしましょう!

>>【完全無料!】ジェイック(JAIC)公式サイトはこちら

利用料完全無料!39歳まで登録可能!

39歳・40歳で無職が再就職をする方法2:比較的簡単に再就職できる業種・会社を探す

39歳・40歳で無職が再就職をする方法2:比較的簡単に再就職できる業種・会社を探す

もし39歳・40歳無職の立場から「自分の力で再就職をする」と考える人は以下のような考え方で再就職活動をしましょう。

  1. 再就職しやすい業種への再就職を目指す
  2. 小規模企業(零細企業)への再就職を目指す

詳しく説明します。

39歳・40歳無職でも再就職しやすい業種への再就職を目指す

39歳、40歳で無職ともなると、かなり再就職は難しいです。

特に再就職は年齢が上がればあがるほど難しくなっていくというのは周知の事実。

ただ中には年齢に関係なく受け入れをしている業種もあり、その業種では40代からの転職や再就職を成功させた人もたくさんいます。

40代でも再就職しやすい業種でおすすめなのは以下の2つ。

40代でも再就職しやすい業種
  • 介護職
  • ビルメンテナンス

介護職

これからは今以上に高齢化社会になっていく中、介護職は常に人材不足となっており、たとえ未経験者・無資格・年齢が40代であっても門戸を開いています。

多少、勤務時間が不規則だったり、体力的にきついという点はあるかもしれませんが介護技術を磨けば、自分の体を守りながら介護をすることができるようになります。

未経験であっても研修が充実している施設も多く、40代の受け入れを積極しているところも少なくありません。

介護職専門の求人サイトのおすすめは以下の2つですので、まずはこちらの登録から始めていくといいでしょう。

おすすめの介護職求人サイト

ビルメンテナンス

ビルメンテ業界は若者には不人気の業種で40代・50代で転職・再就職する人が多い業界です。

営業職に比べれば精神的にも比較的楽な方ですので、人間関係に疲れた人はこちらを目指してもいいかもしれません。

ただビルメンテナンス業への再就職の際は以下の資格が必須となりますので、まずはここからスタートしていく必要があります。

以下はビルメンテ業界に就職する際に最低限必要な資格です。

ビルメンテナンス業に必要な資格
  • 第二種電気工事士
  • ビル管(建築物環境衛生管理技術者)

ビルメンテナンスの資格に関してはハローワークの職業訓練校で無料で授業を受けることができますので、興味のある方は最寄りのハローワークで詳しく聞いてみましょう。

ちなみな
ちなみな
失業保険の受給を受けながら学ぶことができるので、経済的な負担もある程度は軽減されます。

小規模企業(零細企業)への再就職を目指す

39歳・40歳無職の立場から再就職する場合、中堅の中小企業や大企業への再就職はまず考えない方がいいでしょう。

挑戦するのはいいかもしれませんが、相当なキャリアや実力がない限りは成功確率は1%もありません。

それよりもオススメなのは小さな零細企業を探すことです。

こういった零細企業は面接の際に必ずといっていいほど、社長本人が面接をします。

あなたが39歳・40歳と言った年代であれば、ある程度の人の心の内が読めたり、相手に気に入られるための話し方などもある程度わかっているはず。

その力を使って、とにかく社長に気に入られるようにしましょう。

ある程度の企業になるとまず書類選考で落とされてしまう場合がほとんど。

ただ零細企業の場合は応募してくる人自体が少ないため、応募者全員と会おうとしてくれます。

もちろん給料はそれまでよりも低くなってしまうでしょうが、それよりもまずは再就職をすることが先決と考えて行動していきましょう。

零細企業であっても50年以上続く会社も多いですし、その中身を見ると意外としっかりしているところが多いですよ。

ちなみな
ちなみな
実際僕が働いている会社も小さな会社ですが、自己資本率40%以上というかなり優秀な会社です。

自己資本率について

一般的に、自己資本比率が30%ほどあれば悪くはなく、40%以上であればその会社がつぶれるリスクはほとんどないと言われています。

小さな企業(零細企業)を探す場合は「リクナビNEXT」に登録すれば大丈夫です。

>>【完全無料!】リクナビNEXT 公式サイトはこちら

登録・利用料完全無料! No.1転職サイト!

リクナビNEXTを利用して検索するコツは以下の「リクナビネクスト攻略法」でまとめていますので、ぜひご覧になって下さい。

リクナビネクスト
リクナビネクスト攻略法①~検索編【40代の転職成功作戦】 転職サイトで多くの人が利用するのがリクナビNEXT(リクナビネクスト)です。 今回は僕がリクナビNEXTを実際に使ってみた経験...

またハローワークもそういった零細企業の求人がある程度ありますので、ハロワも利用しておくといいでしょう。

ただハローワークの場合はブラック企業が相当多いので、以下の「ハローワークはろくな求人がない!ブラック求人票のウソを見抜く方法を解説!」の記事を参考にして、ブラック企業に入社しないように気をつけて下さい。

残業のタイムカード
ハローワークはろくな求人がない!ブラック求人票のウソを見抜く方法を解説!先日15年近く働いてきた会社を退職したのですが、今回はその会社に入社した時の話をしてみたいと思います。求人内容は週休二日制、祝日休みというような内容でしたが、入社してみると後から後からいろんな条件が出てきました。...

39歳・40歳無職が再就職をせずに生きていく道はある?

39歳・40歳無職が再就職をせずに生きていく道はある?

ただ中には上記の方法を利用してもどうしても再就職することができない場合があるかもしれません。

その場合の選択肢としては、以下の方法があります。

再就職できなかった場合の道
  1. アルバイトで生計を立てていく
  2. フリーランスとして個人で仕事を請け負う
  3. 個人で稼ぐ(専業ブロガー、ユーチューバー)

ただこれらの中である程度の生活ができるのはアルバイトしかありません。

残りの2つはある程度の収入が確保するのに最低数年はかかりますし、数年かけても収入ゼロという可能性もあります。

もしフリーランス、ブログ・YouTubeなどで個人で稼ぐことを目標とするのであれば、アルバイトをしながら始めてみるというのがいいでしょう。

ですが現実や将来的なことを考えてみるとかなり不安定であるということは確かです。
まずは企業への再就職を目指していくのが最も堅実な方法といえるでしょう。

どうしても再就職せずに生きていきたいという方は、こちらの「40代以上の中高年引きこもりが再就職せずに生きていく方法はあるか考えてみた」も参考にしてください。

39歳・40歳で無職が再就職をして、ひきこもりへの道から脱出する方法【30代後半OK】:まとめ

今回は38歳、39歳という40歳目前にして無職になってしまった場合、どのような方法で再就職をしていけばいいのかという事について解説してきました。

まとめとしては以下の通りです。

40歳目前の無職が再就職をする方法
  1. ジェイック(JAIC)に登録して再就職を目指す
  2. 介護求人ナビジョブメドレーを使い、介護職を目指す
  3. リクナビNEXTを使い零細企業への再就職を目指す
  4. 職業訓練で資格取得をし、ビルメンテ業界への再就職を目指す

まずはこの方法のいずれかで再就職を目指しましょう。

それが難しい場合はアルバイトをしながら、再就職活動を並行していく、もしくはフリーランスで生きていく道を模索していくしかありません。

ただそれはかなりリスクが伴いますので、まずは上記の方法で再就職を勝ち取るという気持ちで行動していきましょう。

会社を退職したばかりの時期は、

「失業保険がすぐにもらえるから心配ない」

と思いがちですが、企業は「3ヶ月ブランクがある人は採用しない」という暗黙の了解がある場合がほとんです。

結局、再就職活動に失敗して、ひきこもりの道一直線になってしまう可能性もあるわけですから、この記事を読み終わったらすぐに行動していきましょう!

早めに行動さえすればするほど再就職は成功しやすいものですから、まずは以下のサイトに登録をして再就職活動をスタートしていって下さい!

転職エージェントを使って再就職をしたい方はこちら!

>>【完全無料!】ジェイック(JAIC)公式サイトはこちら

利用料完全無料!39歳まで登録可能!

介護職への再就職を目指す方はこちら!

>>【完全無料】!介護求人ナビ公式サイトはこちら

>>【完全無料!】ジョブメドレー公式サイトはこちら

自分の力で再就職をしたい方はこちら!

>>【完全無料!】リクナビNEXT 公式サイトはこちら

登録・利用料完全無料! No.1転職サイト!

 

今の苦痛から抜け出すために今すぐ行動しよう!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評価・レビュー記事

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評価・レビュー記事

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評価・レビュー記事

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!
リクナビNEXTの評価・レビュー記事

 

以下には僕のブラック企業に勤めてからの苦悩、ストレスと過労から病気になるまで働いた経験、そして転職を成功するまでの体験談をまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

管理人のブラック企業での苦悩と転職成功の体験談はこちら!