40代が大手の転職エージェント登録できない最大の理由は年齢じゃない!

こんにちは、ちなみなです。

先日の記事では、この一ヶ月で転職サイトの登録や転職エージェントへの登録をした内容を書かせていただきました。

 

40代の転職、特に46歳、47歳、48歳、49歳といった40代後半の方でしたら、この転職エージェントにどれだけの求人を紹介してもらえるかどうかが大事になります。

今回はこの転職エージェントの仕組みと、40代転職希望者に対する転職エージェントの本音の部分を少し書いてみたいと思います。

転職エージェントについてのおさらい

前回書いた通り、転職エージェントは簡単に言うと人材紹介会社になります。

企業から「こんな人材がほしい!」というニーズに対して、それに見合った求職者を紹介してくれるサービスです。

申し込みをすると面談を行ってくれて、最初にこれまでの経歴の確認や希望の職種、年収、条件などのヒアリングをしてくれ、その条件にある程度あった求人を紹介してくれます。

求人の紹介だけでなく、面接日、面接時間の調整などもしてくれるので、転職成功率もアップします。

転職が決まった際は企業からそれに対する成功報酬が入るというシステムになります。

転職が決定した際の成功報酬はいくら?

その成功報酬額も数万円という単位ではなく、年収の約3割程度というかなり高額な金額になります。

例えば企業に人材を紹介した求職者の方の年収が500万円だった際は、約150万円の成功報酬となる訳です。

そのため転職エージェントも何とか企業が求める人材を紹介して、入社に至るまでフォローをしてくれるという訳です。

そのため、有能な人材であればあるほど、対応も良く、様々な良求人を紹介してくれますし、他のサービスとしても、

  • 職務経歴書の添削
  • 面接の基本的質問に対する回答の添削
  • 面接のコツ
  • 面接力向上セミナーの開催

 

など、手厚く対応をしてくれます。

ただエージェントの方もビジネスですので、企業の求める人材でない場合、たとえば、

  • あまりにも就業経験が少なく、スキルがない場合
  • 高齢で、スキルが少ない場合
  • 人間性に問題がある場合(これは問題外)

 

などの場合は、面談前でお断りをされたり、面談をしても「紹介できる求人がありません」と言われたりします。

企業からしてみれば、少しでもある程度経験を積んだ、これからバリバリ働ける人を求めるのは当然です。

これは高額の報酬を支払う企業側からの視点で見ても当然の事です。

また転職エージェントの視点で見てみても、仕事で人材紹介をしており、慈善事業やボランティアではないので、当然の事になります。

20代、30代の方は積極的に! 40代の方は慎重に!

20代の方や30代の方なら、まだまだこれからが長いので、ある程度のスキルとやる気があれば、それほど転職に苦労する事はないかもしれません。

むしろ転職を考えているのであれば、若ければ若いほどアクションは早い方が良いと思います。

一度や二度であれば失敗したとしても、どれだけでもリカバリー可能と個人的には思います。

ただ、40代を超えている方は、

  • 自分のスキルを見直す
  • 自分のスキルで他の企業で働いていけるかをよく考える
  • 自分の性格や考え方が他の企業で通用するかを考える

 

という事を見直してから、転職を考えるのが良いと思います。

 

先程もお話したように、転職エージェントの方もボランティアではないので、求人を紹介する優先度もあります。

どうしても40代となると、紹介の優先度は後回しになりますし、書類審査で落とされそうなら紹介さえもしてくれない場合もあるのではないかと思います。

この辺りは推測になってしまうのですが、恐らくは求人票には書けない大人の事情があって、

  • 実は年齢制限がある(目安としては35歳まで)
  • 女性限定である(求めるスキル条件がゆるい場合や、年収が少ない場合)
  • 現在の年収がいくら以下(相当なスキルがなければ年収アップは難しい)

 

というようなフィルターがあって、該当する場合は紹介がされないという場合があるのではないかと思います。(あくまでも推測です)

40代転職エージェント登録に必要なものは?

僕は、大手の転職エージェント5社に登録の申し込みをしました。

登録は難しいかもしれないというダメ元での登録でしたが、そのうちの2社から面談を受けることができました。

面談の中で、これまでのキャリアの中でマネジメントを経験していた事が大きいという話を聞いたのですが、そういった経験があれば40代でも十分に転職をしていけるという事を確信しました。

2019年5月現在、まだ転職活動をしておりますが、転職エージェントさんに色々と求人情報や転職市場の動きを聞きながら活動をしています。

MEMO
2019年8月現在、再就職に成功しており、働いております

これまでの会社とのつながりがなくなり、人とのつながりが少なくなった状態で、ビジネスとは言え、転職の手助けをしてくれる方がいるという事は、少なからず力になります。

もちろんエージェントの方もお仕事だと思いますが、それでも親身になって話を聞いてくれたり、良い求人があれば紹介してくれたりすれば、頑張ろうという気持ちになります。

40代は早めに行動を起こす事がなによりも大切

特に40代の方の転職ではキーとなると思いますので、うまくエージェントさんを活用していただければと思います。

もちろん不安もあると思いますが、考えて行動しないだけなら何も前進はしません。

40代でも登録できる転職エージェントは多くありますし、以下の3社に登録すれば2社ほどは登録できるはずですので、あきらめずに前向きに転職を考えてみるのがいいと思います。

転職エージェントでは求人紹介の他にも転職相談、模擬面接、履歴書や職務経歴書の添削などもしてくれます。

平日は残業があって行けれないという方は仕事が終わった後に近くのカフェやファミレスでカウンセリングをしてくれたり、土曜日にカウンセリングをしてくれたりします。

気になる年収も同水準以上の求人を紹介してくれますので、年収アップも期待できますし、もしあなたが今の年収よりも少し下がってもいいからブラック企業から抜け出したいと思っているのであれば、そういった求人を紹介してくれます。

転職エージェントのコンサルタントはそのとおり転職のプロなので、カウンセリングの中でこんな職種が向いているかもしれないという求人も提案してくれますので、新しい自分自身を発見する事ができます。

また面談の日程調整や年収の交渉もしてもらえますので、忙しい方も安心して利用できますし、面接で聞けないような質問も聞くことができるというメリットもあります。

自分一人で行うよりも効率的な転職活動ができますし、一般転職サイトで検索する手間や時間を考えると、忙しい40代の転職には転職エージェントの利用がベストではないかと思います。

40代はリクルートエージェント、DODA、JACリクルートメントに登録

転職エージェントといっても現在は大手から中小までたくさんのエージェントがありますが、40代の方は以下の3社に登録すればよいでしょう。

中には登録を拒否される転職エージェントもあるかもしれませんが、やってみないとわかりません。

僕の場合は今回、リクルートエージェントとJACリクルートメントに登録できましたし、40代前半で登録した際はDODAも登録する事ができました。

どうせダメだろうから、という考えでは永久に変わる事はできません。

アクションをしないと何も変える事はできないので、ぜひ一歩踏み出してみましょう。

どの転職エージェントも非公開求人を多数持っているので、40代の方にマッチングする求人もたくさんあるので、かなり有利に転職活動を進めていく事ができます。

転職エージェントの利用は全て無料ですし、年齢を重ねれば重ねるほど登録が難しくなってしまうので、思い立ったらすぐに行動しましょう。

 

>>DODA公式サイトはこちら

 

 

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

>>JACリクルートメント公式サイトはこちら