転職活動

リクルートエージェントの個人的評価!40代が登録して面談を受けてきた

大手の転職エージェントで僕がすごくお世話になったのは以下の2社です

[list class=”list-raw”]

[/list]

どちらも世間的にみるとかなり評価の高い転職エージェントになります。

今回は僕が実際にリクルートエージェントに登録して、実際に利用した際の体験と感想をお伝えしたいと思います。

[box class=”box26″ title=”公式サイトはこちら”]

[/box]

 

ちなみな
ちなみな

40代、50代の転職希望者の方に役立つ内容となっていると思いますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

実際に、リクルートエージェントを利用してみました

リクルートエージェントは、これから転職をしてみようかな~と思っている方なら大体の方が知っている、大手転職エージェントです。

40代であれ、30代、20代であれ、まずは登録をすべき転職エージェントといえるでしょう。

ただ、最大手であるがゆえに、ある程度明確な登録基準があり、そこから漏れると登録自体を断られてしまう事もあるようです。(担当のキャリアアドバイザーさん談)

僕は運良く面談を受ける事ができ、求人の紹介もしていただきましたが、40代の方でも俗に言う恐怖の「お祈りメール」が届く事も多いみたいです!((((;゚Д゚))))

面談の際の雰囲気

最大手という事もあり、面談場所は高級オフィス街の上層階フロア。一般人は立ち入る事さえもないような場所で、いきなり緊張してしまいました!

面談場所もおちついた雰囲気で、完全個室になっているので、安心して今後の事を話す事ができました。
(小さなエージェントさんですと、個室を仕切ってあるような部屋での面談になり、お隣さんの声が聞こえてくることもありました、、、)

とにかく求人数が多く、最初の面談の際はこれまでと同じ職種のものと、似通った職種の求人を20社ほど紹介していただきました。(こんなにたくさん!!)

その際は、「書類審査通過率は約3割程度。一次面接通過が2~3割、二次面接通過が5割ほどなので、まずは20社ほど応募するのがいいです」というお話でした。

ただ上の内容は全ての年齢層での平均値となっているため、40代だけになると、実際の所は相当厳しいのではないかと思います。

実際はその辺りのデータも出てはいるのでしょうが、面談の中では年齢によるマイナス点などはあまり話さないようにしている雰囲気でした。

その際は気になる求人案件だいたい15社ほどエントリーをしてみました。

エントリーは自分のパソコンやスマホを使って、専用画面からする形になります。

リクルートエージェントでのエントリーの結果

面談が木曜日にありその日の夜に自宅のパソコンから応募のエントリーをしました。

エントリーをした翌週の水曜日頃~週末にかけて、書類選考結果の連絡がメールで入ったのですが、その結果は以下の通り。

書類選考結果

応募 15社ほど
書類審査通過 1社 → 一次面接後、二次面接には進めず

書類審査通過率はなんと6%です(!)
野球で言えば.067(0割6分7厘)。ピッチャーの打率よりも低いです!(´;ω;`)

書類審査が通過しなかった際、キャリアアドバイザーからメールが送られて来て、そこに落選理由が記載されています。
理由はだいたい以下の3パターン。

書類選考漏れの理由

・今までのご経験と企業が求めるキャリア・スキルが若干異なったため
・企業側の組織構成上、ポジションが合わなかったため
・より条件に合致する候補者が他におられたため

上記の落選理由についてですが、ある程度決まったパターンの内容となっているみたいでした。
落選理由に関しては基本的にメールでの連絡となり、企業としては、年齢的な内容などの理由もあるんじゃないかなと感じました。

ちなみな
ちなみな

実際、「より条件に合致する候補者が他におられたため」という理由で選考漏れになった企業ですが、現在でも同内容での募集を行っているようでした、、、

最初かなりの数の求人内容をいただいたのですが、結果としては惨敗状況。

もう少し、書類選考は通るかなーって思ってましたが、かなりヘコみました!

さすがにこの結果を受けて、担当のキャリアアドバイザーさんも、「こいつは金にならん!」と思ったのか、それ以降はたま~に連絡をくれる程度の対応となってしまいました。

最初は、「次回がんばりましょう!」という励ましの言葉でしたが、それが続いてくると、いつからかテンプレートメールで「書類選考結果のご連絡」という選考漏れの結果が送られてくるのみになってしまいました。

書類選考の結果が出た後に送られてくる、このメールのタイトルが「書類選考結果のご連絡」という件名の場合は、100%書類選考で落選したと考えて良いです。

書類選考が通過した場合は、件名に【ご対応ください】や【面接日程調整のご連絡】などと書かれています。

最後の方はこちらもタイトルを見ただけで、メールをごみ箱に捨てる感じになり、「何のために応募してるの!?」と思うようになってきてました。

恐らく、キャリアアドバイザーの方も仕事でやっている以上、どれだけの人を企業に入社させる事ができたかが大事だと思いますし、そこにノルマも存在するんじゃないかと思います。

紹介しても、書類選考も通らない、一次面接に行ったとしても、二次面接を通過する見込みがないような求職者は切り捨てられていくのが当然の流れだと思います。

その後は、たまにメールで求人の案件を紹介されるものの、明らかに優先順位は下位グループになっているような感じを受けます。

ただ、非公開求人自体は自分専用のマイページでも検索できますので、自分で見つけて応募をするという事は可能となっています。

最初に登録がされなかった方はこの求人検索さえもできないので、これだけでもできるのはラッキーだと思って下さい。

またリクルートエージェントのマイページではたまに企業からのスカウトメールが届く事もあります。

僕も2回ほどあります。

転職サイトで届くスカウトメールは、不動産関係、保険関係のみと思っている方も多いと思いますが、リクルートエージェントの場合はある程度自分の条件にあった企業からのスカウトもありますよ!

この場合はかなり書類選考が通過する可能性が高いです。

僕は2回スカウトを受けて、そのうちの1社に応募しましたが、書類選考通過しました。

気になる内容であれば、迷わず応募しちゃって良いと思います!

他のサービスもアツい!面接力向上セミナーは参加マスト

あくまでも個人的な感覚ですが、以下のような方はリクルートエージェントをメインに転職活動をするのは難しいというのが僕の考えです。

リクルートエージェントでの活動には向かない方

  • 40代以上の方で特化したスキルのない方
  • 社員20名以上(アルバイトは除く)のマネジメント経験のない方

えらそうに言っていますが、僕がこれにまさに当てはまるからなんです。

僕は自分で言うのもなんですが、これまで新しい業務なども自分で勉強したりしてソコソコの実績を出し、経験も積んできたつもりでした。

だからこそ、転職も何とかなるだろうと思っていたのですが、そんな人はどこにでもいるし、若い人ならそれくらいのポテンシャルを持った人なんてザラにいるんです。

40過ぎたおっさんの出る幕じゃないんですね、コレが。

でもリクルートエージェントの魅力は、求人紹介の他にもサービスがある事なんです。

特に40代の方におすすめしたいのが、「面接力向上セミナー」です!

これは企業との一次面接に重点をおいたセミナーとなっており、さまざまなノウハウが聞けます。

僕も実際に参加してみましたが、目からウロコの内容が満載でした。会場には若い方が多かったですが、40代の方や50代の方こそ聞いてもらいたいですし、これまで10年20年働いてきたからこそ役立てる内容がありますよ!

例えばこんな内容があります

・自己紹介や自己PRの伝え方
・転職理由の伝え方
・なぜこの会社を選んだか、という理由

ネットで検索して出てくるようなテンプレート的な内容でなく、もっと深い内容です。

実際このセミナーに参加後の面接では(一次面接通過率は別にしておいて)、それまでよりも自信をもって面接に臨めるようになりました!

僕はこのセミナーに参加できただけでも、リクルートエージェントに登録する価値があったかなーと思います。

[card2 id=”1391″]

まとめ:リクルートエージェントはキャリアがある人に有利

以上が僕が実際にリクルートエージェントを利用してみた内容です。

関係が切れてしまうと、もうそこでサービス終了となってしまうでしょうし、今後登録をしようとしても門前払いされる事が必至ですので、とにかく関係だけは切らさないようにしています。

40代の方でリクルートエージェントとつながっている方は、絶対に関係が切れないようにたまにで良いので連絡はとるようにして下さい。

いつ何時に、自分と本当にマッチする求人が出てくるかは分かりませんが、その時にチャンスが巡ってくるようにだけはしておきましょう。

リクルートエージェントでの転職実現は40代にとっては少し敷居が高いのかもしれませんが、登録はしておいて損はないエージェントなので、まずは登録をしてみましょう!

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら