47歳以上の人は転職を慎重に考えないといけない理由

転職の画像

こんにちは、ちなみなです。

僕が前職を退職をしたのは47歳の事でした。

少し前は、転職35歳限界説がありましたが、最近は30代後半、40代の方も積極的に転職をされており、もう35歳限界説は過去のものになりました。

じゃあ現在の転職可能なギリギリの年齢はいつなの?という事が気になったので、今回その点に関して考えてみました。

転職の限界の年齢はズバリ46歳!

個人的に考える、転職ができるギリギリの年齢は46歳です。

僕は現在47歳ですが、45~46歳の時期に転職活動をしていた時期がありました。

ただ、その頃は絶対に会社を辞めてやると考えていた訳ではなく、いい条件の会社があればという程度で、軽い気持ちで転職活動をしました。

その時に登録していた転職エージェントは以下のとおりでした。

上記の3社に登録をした時は45歳の時でしたが、どの転職エージェントも登録する事ができました。

45歳転職活動(1~2年前)の活動結果

45歳の時点で申請した転職エージェントの審査通過率が100パーセントだったこと。

まずこれが勘違いの始まりでした。

僕が登録申請したのは上記の3社でしたが、他の転職エージェントでも申請が通らない事はなかったんじゃないかなと思っています。

どの転職エージェントも対応も良く、それぞれいくつかの求人を紹介してくれました。

その時は全ての転職エージェント合わせて10社ほどの求人に応募をしたと思いますが、そのうち6社ほど書類選考が通過し、一次面接に進んでほしいという連絡をもらいました。

ただ遅くまで勤務をしていたため、実際に面接に行けたのは一社だけでした。
(特別に土曜日に面接を行っていただきました)

その企業も最終面接も行っていただき、内定もいただけたのですが、勤務地が遠方だったため、結果として辞退をさせていただく事となりました。

その時思ったのは、今は時間がなくて面接に行くことができないけど、平日に面接に行く事が出来たら転職なんて簡単なんじゃない?という事でした。

46歳になった時点でもいくつかの企業に応募をしましたが、約半数の企業から書類審査通過の結果をいただきました。

ただ同様に、当時の夜遅くまでの勤務で面接に行くことがままならず、結局その時点で転職活動に一旦区切りをつける事にしました。

今から思えばその時に継続転職活動を行っておくべきだったなと思いますし、何よりも転職エージェントのコンサルタントとの繋がりを切ってしまっていたという事が最も悔やまれる事でした。

ちなみな
ちなみな

一回できた転職コンサルタントとの関係は、何があっても切ってはいけません! 定期的に連絡をとる事を心がけましょう!

46歳と47歳の実質の年齢差は1歳ではない!

その流れから、47歳になった僕の退職~転職活動(再就職活動)となります。

45歳、46歳の時の僕は「これまでのキャリアがあれば、簡単にできる」と高をくくっていたのですが、実際に転職活動を始めてみて、その現実に愕然とします。

46歳と47歳、その差は1歳ですが実際的な年齢差は10歳以上あると思ってください。

その最大の理由が、

企業側の年齢制限です。

本来、雇用対策法により年齢制限の禁止が義務化されているのですが、『長期勤続によるキャリア形成を図る観点から』と記載する事によって年齢制限を設定する事ができるのです。

ハローワークで求人検索をしてみると、よくこのフレーズを目にすることになります。

そのように書かれている求人ですが、現在でも「応募可能年齢35歳以下」と書かれている企業がやはり多いようです。

そして、その次に多いのが「応募可能年齢45歳以下」なんです。

実際に転職コンサルタントに見せてもらった求人案件にも、45歳以下が望ましいという文章があったりする事もありました。

ただこれが46歳であれば、企業側も多少目をつむってくれる場合が多いです。

これまでのキャリアやマネジメント経験が十分なものであれば、1歳の年の差はあまり関係なく、書類選考通過自体は難しいものではないと思います。

46歳であれば45歳と代わりないように見てくれますが、これが47歳と2歳差になると45歳とはみなしてくれません。

どれだけキャリアがあったとしても47歳の場合は、企業側は50歳と同じように判断してきます。

以下はほぼ同じキャリア、マネジメント経験で応募した結果ですが、以下の通りとなっています。

46歳以前と47歳での応募実績   
応募企業数書類選考通過数通過率
45~46歳10社6社60%
47歳約50社2社4%

その年齢差は1歳ですが、これだけの差があります。

もちろんそこには、キャリアコンサルタントの手腕などもありますので、一概には言えない部分もありますが、年齢が影響していることは明らかではないかと思います。

ここから言える事ですが、転職する際において46歳と47歳では実際の年齢以上のハンデがあるという事です。

47歳以上で、これといったキャリアがない人は転職してはいけない!

僕が実際に経験してみて、46歳と47歳は見た目以上の差があるという事を目の当たりにしました。

もしも47歳以上の方で転職を考えられている方は、まず自分自信のキャリア、経験を振り返ってみてほしいと思います。

世の中には30代、40代前半であなた以上のキャリア、経験をもった方はごまんといます。

もし、退職をしようとしている方で、彼らと勝負する事ができないと思うのであれば、絶対に転職はしないでください!

同じ経験、キャリアであれば、企業としては年齢が若い方を選択するのは当たり前だと思いませんか?

自信がないのであれば、何があっても今いる会社で働き続けてください!!

大事な事なのでもう一度言います!

47歳以上で、よほどの経験、キャリアがない方は絶対に会社を辞めないでください!

ただ、彼らに負けないようなキャリアを持たれているという確たる自信がある方も沢山いらっしゃると思います。

そんな方は、ぜひ転職をして、新しい人生を手に入れてほしいと思います。

まとめ

僕自身は47歳になってから会社を退職して転職活動をしましたが、もしこのような現実を知っていたら、もしかしたら退職や転職はしなかったかもしれません。

世の中の47歳以上の方、アラフィフの方は、転職活動をする前によ~く考えてみてほしいと思います。

ただ企業としてはキャリアとともに、「経験」を求めている場合も多くあります。

それは長い社会人経験を通して培ってきた、円滑な人間関係を築ける力や、全体をまとめる力です!

ある程度のキャリアに加え、そのような経験があれば、企業側に「ぜひ来てもらいたい」と思ってもらう事ができるはずです。

転職や退職を決意する前にもう一度自分自身を見つめ直してみて、それでも大丈夫と思えるかどうかを一度確かめてみてほしいと思います。

40代におすすめの転職エージェント

DODA

★業界最大手!おすすめの転職エージェント
DODAのおすすめポイント
  • 13万件を超える求人内容
  • 豊富な実績をもつコンサルタントがアドバイスしてくれる
  • 業界最大手で安心

DODAに登録して転職の悩みを解決!

リクルートエージェント

★手厚いサービスで転職をサポート!
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 20万件を超える非公開求人内容
  • 面接力向上セミナーなどのサービスも充実
  • 経験豊富な転職コンサルタントが転職成功をサポート

リクルートエージェントに登録!