転職コラム

会社を決める基準って何?やりたい事と給料でどちらを優先すべき?

  • 給料はそれなりの金額だけど、仕事にやりがいを感じれない
  • やりたい事があるけど、それで生きていけるかどうかが不安

今回はそんな悩みに対する考え方を解説していきます。

僕は海外での仕事に憧れ、海外での仕事をしましたが、毎月の給料は手取り10万円程度。

結果としてうまくいかず、結局日本に帰国して会社員生活をしています。

その際の経験から言えることは、仕事の決定は「収入と労働環境」をまず優先して考えるべきという事です。

誰にも「夢や目標」があると思いますが、それだけを追い求めていくと、失敗してしまいやすくなっています。

それを追い求めるためにも安定した給料がもらえ、かつ労働環境が良い職場で働く事が大事になります。

会社・仕事を選ぶ上で大切になる事とは?

誰もが「やりたい事」というのはあると思います。

ある人はクリエイターになりたい、ある人は飲食店を経営したい、など。

実際に脱サラをして起業したり、フリーランスとして働く方もいらっしゃいますが、うまくいかない場合の方が多いのではないでしょうか。

収入が10万円にも満たず、結局諦めてしまいサラリーマンに逆戻りという人もいるでしょう。

夢をつかもうとしたのに、結果として夢に破れてしまった。

そういう人達の表情はとても悲しみに満ちています。

結局何よりも大事なのは生活ができるという安定感になってくるわけです。

生活が安定していて、ある程度自分が自由に使える時間があるのであれば、その時間を使ってやりたい事ができます。

ここで大事になってくる事は、ただ闇雲に会社を選んではいけません。

会社を選ぶ際に大事になってくる点を解説していきます。

会社は収入・給料で選ぼう

まず言うまでもなく重要なのは給料です。

世の中には30代、40代で手取り金額が14万円、15万円という方も多くいるのが現実です。

それがたとえ自分がやりたい仕事であったとしても、手取り15万円ですと一人暮らしならギリギリ生きていけるのかもしれませんが、家族がいる方は正直なところ厳しいです。

自分は高卒だから仕方がない、何もスキルがないから仕方がないと諦めている方もよくいますが、そういう人というのはこれまでの人生でいつも諦めの人生を送ってきたのではないかと思います。

現在はまだまだ売り手市場なので30代ならちょっと探せばもっといい職場に出会えますし、40代でも仕事さえ選ばなければ手取り20万、25万レベルであれば問題なく転職はできるはずです。

お金がないとどうしても精神的な不安が出てきてしまいますので、まずこの不安をなくしていくことが大事になります。

プライベートな時間を確保できる会社を選ぼう

給料と同じくらい重要になってくるのが労働時間です。

収入が手取りで30万円あったとしても、週の休みが日曜日だけ、毎日朝7時から夜10時まで働くとしたらどうでしょうか。

そこまで極端になってくると平日は家に帰ったら寝るだけ、日曜日も疲れて何もできないということになるでしょう。

プライベートな時間をある程度作ることができ、精神的な余裕ももてるような労働環境も会社を選ぶ上で重要な事になってきます。

「お金」と「時間」

この2つは何よりも重要なポイントとなり、どちらが欠けてもいけません。

自分がやりたい事をやっていく上でこの2つが重要になってくるのです。

やりたい仕事でも辛い場合はある

中には「給料が安くても、休みが少なくてもやりたい事ができればそれでいい」というような方もいると思います。

本当にそのように思えるのであればそれで問題ないと思います。

ただ僕の経験上、最初はその気持が強くあっても、うまくいかないとその気持ちはだんだんと薄れてきてしまうという事です。

人間誰しも最初は高いモチベーションでやっていく事ができるのですが、目に見える結果が現れてこない場合は苦しくなってくるものです。

そのモチベーションを何年も維持していくというのは相当な自己管理能力がないと難くなります。

会社という組織の中でやりたい事をやる難しさ

やりたい仕事ができる会社に入れたとしても必ずしもそれが幸せにつながらない場合もあります。

誰もが入社した際は末端の仕事からやっていかないといけませんし、本当にやりたい仕事ができるようになるまでに何年もかかるかもしれません。

それに自分がやりたい仕事ではなく、会社の方針に沿った事をやっていかないといけません。

例えばレストランで新しいコンセプトのメニューを作りたいと思っても、会社の方針や考え方に合わなければそれを実現する事もできません。

「ただ毎日決められたメニューをオーダーが入れば作るだけ」となってしまい、本当にやりたい事ができない、という場面もよくあるでしょう。

お金と時間があれば、やりたい事ができる

この記事を読んでいる方の中には「やりたい仕事がある」という方が多くいると思います。

ただ本当にやりたい事があるのであれば、それを仕事として選ぶのではなく、それができる時間を作れて、かつ生活する上でも問題がない水準の給料がもらえる仕事をするべきです。

やりたい事があるならば、その時間を使ってやっていけばいいだけの事なのです。

お金があったとしても、時間がなければ何の意味もありません。

 

やりたい事は自分の時間にやればいい

難しい事ではありません。

やりたい事があるのであれば、平日の夜や週末の自分の時間でやればいいのです。

文章を書くのが趣味であれば僕と同じようにブログを書いていけばいいと思います。僕もブログ初心者でこの記事を執筆している時点で1年にも満たないですが、既に何件か記事の執筆依頼を受け収益化もしていますし、デジタル書籍出版の話も2回ほどいただきました。
(デジタル書籍の方はあまりにも内容が乏しいので見送らせていただきましたが)

料理が好きであれば自作のレシピを公開していく事によって、その専門性、権威性が認められてレシピ本の出版につながったりもします。

やりたい事があれば空いた時間でやっていけば、正しい方向性でやっていけば、いつか必ずそれがお金につながっていくはずです。

何よりも「自分の好きなようにできる」「自分のやりたい事ができる」、これが最も大事な事ではないかと思います。

もちろん「今やっている仕事が楽しい!それで稼いで生活ができている」のであれば、僕は何も言えません。

それが一番幸せな事ですし、それ以上の幸福はないんじゃないかと思います。

ただ、自分のやりたい事で生活できている人というのはほんの一握りもいないんじゃないかなと思います。

たとえ週末という限られた時間であったとしても、そこで「本当に自分の好きな事が好きなようにできる」事がその人にとっては幸せな事じゃないかと思います。

やりたい事を収益化していくために

そして、やりたい事をやるだけではなく、それをお金に換えるという事も意識していくといいと思います。

僕のように文章を書くのが好きなら、ブログで副収入を得るという事も一つの手段になりますし、物を作るのが好きならそれを売って副収入を得るというのも一つの手です。

現在はどんな事でもチャンスはある世の中になってきました。

本当に夢を実現したいのであれば、本業以外の部分に力を投入すれば、いずれはいろんな知識や力がついて、それが本業になる可能性もあります。

もし会社で副業禁止と言われ、副業はやめろ!と言われたときに、

「僕にとっての副業はこの会社なんで、辞めさせていただきます」

と言えるくらいのレベルを目指してやっていきましょう。

まとめ

今回は、仕事の決定は何を基準として選ぶべきか?という疑問の回答を話してきました。

結論としては、

  • 安定した収入と、自分の時間を確保できる仕事を選ぶべき
  • やりたいことはプライベートな時間でできる
  • それを収益化すれば、いつか本業にもなり得る

ということになります。

たとえやりたい仕事であったとしても、ストレスがたまって仕方がないというような職場であればいつか潰れてしまい、やりたい事が嫌いになってしまうという事もあります。

「空いた時間で、好きなことを好きなようにやる」という事が、今の世の中でストレスなくやっていく生き方なのではないかと思います。

 

今の苦痛から抜け出すために今すぐ行動しよう!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評価・レビュー記事

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評価・レビュー記事

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評価・レビュー記事

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!
リクナビNEXTの評価・レビュー記事

 

以下には僕のブラック企業に勤めてからの苦悩、ストレスと過労から病気になるまで働いた経験、そして転職を成功するまでの体験談をまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

管理人のブラック企業での苦悩と転職成功の体験談はこちら!