雑記

1000円で買えるロジクールのマウスM185がおすすめ【レビュー】

M186 M185

スタバを始めとするカフェなどで、マウスを使わずに作業をしている人がいらっしゃいますが、そんな人、めちゃくちゃリスペクトします

僕もできる限り、キーボードを中心に作業をするようにしているのですが、ブログ書く時などマウスないと作業効率めちゃくちゃ下がります。

今回、ブログを始める際、使いやすいワイヤレスマウスがほしいと思い、結構納得いくものが見つかったので、紹介したいと思います。

お手軽でおすすめのマウス「ロジクール M186」

「マウスを探してるけど、いっぱいありすぎてどれにするか決められない!」

そんな方におすすめマウスがあります。

僕がおすすめしたいのは、「ロジクール」のワイヤレスマウス「M186」です。

持ちやすい形状です

 

ロジクールの「M186」がおすすめな理由

軽い!

僕が個人的に一番重要視するのがマウスの重量。

これまで仕事で一日に10時間以上マウス片手に仕事をしてきたので、手首が常に痛いので、どれだけ評価が良くても電池込で90g以上のマウスだと長時間の作業ができません。

ほとんど指先だけでマウスを扱うので、それの影響もあるんだろうと思いますが、クセでなかなか直せません。

このマウスは電池込で75.2g!

マウスパッド上での動きもひっかかりなくスムーズなところもグッドですね。

コスパが良すぎ

いくらよくてもお値段が高いと意味がありません。

私が使ってきた歴代のマウスは寿命がそれほど長くなかったので、値段が高いとそれだけで負担になっってしまいます。

このマウスは約1500円で買う事ができます。(2019年6月時点)

また「M186」の前に「M185」という見た目そっくりなモデルがあり、調べてみたら、「M186」の前モデルだったらしいです。

仕様もデザインも同じで、違いも特にないようでした。

タイムセール時などは1000円以下で買えたりしますので、購入のタイミングで安い方を選べばいいと思います。

 1000円以下なら即買いです!

電池のもちがすごい

とにかく電池のもちがすごいです。

単三電池1本で最大12ヶ月間使用可能です。

現時点で購入して3ヶ月ほどですが、付属していた乾電池で普通に動いてます。

スマートスリープモードという省電力モードが搭載されているということで、電源も常にONにしてますが、現在のところ、何の問題もありません。

万人受けする

このマウスを使っていたら、嫁が「それ使いやすそう!」という事で、他のパソコンもこのマウスに変える事になりました。

あまり嫁にほめられない僕ですが、グッジョブをいただきました!

その他の気に入った点

  • 使いこんでもベタベタしない(サラサラ感のあるプラスチック)
  • 手にフィットする(手の大きさは普通くらいです)
  • ホイールがカチカチ言わない(軽いコリコリ感)
  • ボタンの深さがちょうどいい
  • レシーバーが小さい(なくすレベル)

 

レシーバーもコンパクトでPCに挿しても邪魔になりません

 

挿しっぱなしでも気になりません!

まとめ

ロジクールのM186のおすすめ理由をお伝えしました。

軽くて使いやすくて、強いこだわりがないなら、とりあえずこれ買ってみて!というレベルのマウスです。

グレー、レッドを買ったので、次に買う時はブルーを買ってみたいと思います。

意点として、サイズがコンパクトなので、手の大きい方は「小さすぎ!」となるかもしれません。

ちなみにレシーバーは電池蓋を開けて収納するようになっています。