雑記

中村紀子先生(在中国日本語教師)の経歴と中村radioのURL

皆さんは、中村紀子さんをご存知でしょうか?

中村紀子さんは今から15年以上も前に単身で中国に渡り、日本語の素晴らしさを中国に広めてきました。

そしてSNSを通して日本語を中国全土に広めていき、現在は中村先生の名前で中国人から親しまれています。

今回は現在も中国で日本語の素晴らしさを伝えている、中村紀子先生についての紹介をしていきます。

引用:Twitterより

 

中村紀子先生のTwitter

 

 

中村紀子先生の経歴

大学時代~中国赴任まで

中村先生は、立正大学文学部史学科に通い、大学時代に教員試験に臨みますが不合格となってしまい挫折を味わいます。

そこで中村先生が選んだのが塾の講師。

ところが塾講師として働いていたある日、同僚の講師が自殺をしてしまいました。

その時、同僚の死を悲しむ生徒の姿を見て、「教え子を導くべき者が、教え子を悲しませてはいけない」と思い、もう一度教師として生きたいと思い、日本語教師として中国に渡る決意をします。

2003年3月 日本語教師として赴任

2003年、日本語教師として中国湖北省武漢市の「中専※」に赴任します。
※中学校卒業後進学する中等専門学校

当時日本語教師として赴任したものの、現地の言葉が標準語とかなり発音が異なっていて聞き取りができず悩んだそうです。

ただ運が良かったのか悪かったのか、その時SARS(重症急性呼吸器症候群)が流行したため外出禁止となり、そこでドラマを見まくって標準語が聞き取れるように必死で勉強をしました。

SARS(重症急性呼吸器症候群)とは

中国南部の広東省を起源とした重症な非定型性肺炎の世界的規模の集団発生が、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)の呼称で報告され、動物起源の人獣共通感染症と考えられている。
2002年11月から2003年7月にかけて、中華人民共和国南部を中心に起きたアウトブレイクでは、香港を中心に8,096人が感染し、37ヶ国で774人が死亡したとされている。

2011年 中南財経政法大学(以下財大)に赴任

中村先生は中専との契約が終わり、2011年に中南財経政法大学(以下財大)に日本語学科の教師として赴任することになります。

ただここで、日本語学科のほとんどの生徒が日本語学科志望でなかった事に驚きました。

それは中国の大学特有の「調剤」という制度があったためです。

※中国の「調剤」という制度

希望の学科に合格する点数が足らなかった場合、大学から他の学科を割り当てられる仕組み

日本語学科でありながらも、教え子たちが日本語を楽しんでいない姿を見て、中村先生が立ち上がる事になります。

 

財大で日本語サークル「南風社」を立ち上げる

まず中村先生は、財大で日本語サークル「南風社」を立ち上げます。

この時に大きかったのが、張君恵(愛称:クンクン)さんという学生に出会ったこと。

クンクンはビデオ編集、画像処理が得意でロゴマーク、紹介ビデオを作ってくれました。

そしてクンクンを始めとする学生の仲間と一緒に活動を広げていきました。

南風社について
・社訓「結束・結果・継承」
・社歌「南之風」

活動内容
・イベント
・新入生歓迎
・朗読代会
・スピーチ大会
・演劇大会
・作文大会
・文化祭
日本語サロン

自宅で行った日本語交流会「日本語サロン」

この中で最も大きかったのが中村先生の自宅で開催していた「日本語サロン」の開催です。

授業だけではどうしても日本語学習に限界があるため、それを補うため、日本語での交流をするため自宅での日本語交流会を行うようになっていきました。

そしてこれが中国のSNS「新浪微博」、チャットアプリ・微信などを通して中国全土に広がるようになっていったのです。

新浪微博(シンランウェイボー、NASDAQ: WB)は、中華人民共和国・新浪公司(SINA Corporation)の運営するミニブログサイトである。TwitterとFacebookの要素を併せ持ち、中国全体のミニブログユーザーのうちの57%、投稿数にして87%を占める。現在、中国で最も人気のあるウェブサイトの一つ。

引用:ウィキペディア

 

2014年 「中村radio」誕生!

そして2014年、クンクンの勧めで日本語の朗読ラジオを開設します。

これが現在も続いている「中村radio」です。

現在はリスナー15万人もいる大人気チャンネルになっています。

以下のサイトから、簡単に聞くことができるので、皆さんもぜひ一度聞いてみてください!

中村radioを聞いてみた!

中村radioは、日本の文学作品の朗読が中心になりますが、たまに中村先生のおしゃべりが中心の回もあります。

とっても優しい声で語りかけてきてくれ、言葉もわかりやすいので中国の方たちも親しみを持って聞けるのではないかと思います。

朗読される文学作品には以下のようなものがあります。

文学作品や、小林麻央さんのブログの文章を朗読したりと、中村先生が伝えたい内容を朗読しているのかな、という印象を持ちました。

主な朗読作品

「君たちはどう生きるか」

 

「窓際のトットちゃん」

 

「鈍感力」

 

「猫の神様」

 

インターネット日本語教室「中村日語」設立

その後、インターネット日本語教室「中村日語」を設立し、2018年7月に湖南省長沙に移転をしました。

ちなみに「中村日語」の社長は中村先生でなく、クンクンなんです!

 

現在も多くの中国人が「中村日語」で日本語を勉強していますが、クンクン達が中村先生の気持ちを受け継いで大きな会社になっていくでしょうし、日本や日本語に興味をもってくれる人がさらに増えてくるんじゃないでしょうか。

 

まとめ

今回は中国で日本語の楽しさを中国の方に広めている中村紀子先生を紹介してきました。

本当に日本語、人に教える事、そして中国が大好きであるがゆえにここまでできたんだと思います。

ぜひこれからも日本と中国の架け橋になってほしいです!

中村radioは日本人の僕が聞いても心落ち着く放送でした。

ぜひ一度聞いてみてください。

 

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonでの買い物をする際はチャージタイプのAmazonギフト券を利用するのがオススメです

チャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。

ギフト券詳細・チャージ方法は公式サイトでご確認ください。

\5,000円以上のチャージがお得/

初回購入で1,000ポイント&最大2.5%のポイント還元

有効期限は10年間!