雑記

「PCエンジンミニ」収録タイトル決定! 各タイトルのおすすめ度を採点!

ついにPCエンジンミニの収録タイトルが決定されました。

それに伴い、価格や発売日も決定となりました!

早速、気になる収録ゲーム、価格等見ていきたいと思います。

PCエンジンmini 収録タイトル一覧

「PCエンジンmini」ですが、「PCエンジン」用タイトルと海外用ハード「ターボグラフィックス-16」用タイトルが収録されています。

「ターボグラフィックス-16」用タイトルは英語バージョンとなっています。

※画像はPCエンジンmini公式HPより

PCエンジン ラインナップ

まずは「PCエンジン」タイトルからご紹介します。

  • THE 功夫
  • 邪聖剣ネクロマンサー
  • ファンタジーゾーン
  • あっぱれ!ゲートボール
  • ネクタリス
  • ダンジョンエクスプローラー
  • ニュートピア
  • PC原人
  • イースI・II
  • スーパーダライアス
  • スーパースターソルジャー
  • 大魔界村
  • オルディネス
  • ニュートピアII
  • グラディウス
  • スーパー桃太郎電鉄II
  • 忍者龍剣伝
  • スターパロジャー
  • SNATCHER(スナッチャー)
  • グラディウスII -GOFERの野望-
  • 超兄貴
  • 悪魔城ドラキュラX 血の輪廻
  • ボンバーマン’94
  • ときめきメモリアル
  • ボンバーマン ぱにっくボンバー
  • 銀河婦警伝説サファイア

「TurboGrafx-16」ラインナップ

続いて、海外版タイトル「ターボグラフィックス-16」タイトルです!

  • ALIEN CRUSH
  • VICTORY RUN
  • BLAZING LAZERS
  • NEUTOPIA
  • DUNGEON EXPLORER
  • R-TYPE
  • Moto Roader
  • POWER GOLF
  • Ys book I&II
  • NINJA SPIRIT
  • J.J. & JEFF
  • SPACE HARRIER
  • MILITARY MADNESS
  • CHEW-MAN-FU
  • PSYCHOSIS
  • BONK’S REVENGE
  • PARASOL STARS
  • CADASH
  • NEW ADVENTURE ISLAND
  • AIR ZONK
  • NEUTOPIA II
  • SOLDIER BLADE
  • LORDS OF THUNDER
  • BOMBERMAN ’93

PCエンジンmini 収録タイトル紹介とおすすめ度採点

以下、各タイトルの紹介と超個人的なおすすめ度。

採点は、★2点、☆1点で最高★5つ(10点)となります。

※各タイトル説明はメーカー公式HPより引用しております

注意してほしいのは、この点数は30年前の基準での採点という事です。

現在ではそこまでの点数にならず、期待外れだった!となってしまう可能性もありますので、あくまでも参考として見ていただければと思います。

また今回は、「PCエンジン」タイトル全て(全26作)と、主な「ターボグラフィックス-16」用タイトルを紹介します。

THE 功夫 (1987)

パンチ・キックなど駆使して、次から次へ拳法の達人たちを倒していく、横スクロールのカンフーアクションゲーム。
簡単なボタン操作にもかかわらず、間合いを計って技を繰り出すのが意外と難しく、そのシンプルさ故に何度もトライしたくなる。

おすすめ度:★★★☆

邪聖剣ネクロマンサー (1988)

主人公が仲間2人と邪聖剣ネクロマンサーを探す旅に出る、ダークホラーファンタジーRPG。
グラフィックと音楽は非常に凝った作りで、独特な世界観を構築している。
ゲームの難易度が高く、やりごたえのある作品だが、セーブ時のひたすら長いパスワードに泣かされたプレイヤーも多い。

おすすめ度:★★★★

ファンタジーゾーン (1988)

アーケードで人気を博したシューティングゲームの移植作。
グラフィックはアーケード版に近いレベルで再現されていて評価が高い。
横スクロールで、左右自由に移動ができる。
ポップでかわいいテイストのグラフィック、買い物によるパワーアップシステムなど、ユニークなゲーム仕様で人気を博した。

おすすめ度:★★★☆

あっぱれ!ゲートボール (1988)

ゲートボールを題材にした斬新なスポーツゲーム。
2チームに分かれ、各自のボールを3つのゲートをくぐらせてゴールを目指す。
個性豊かなプレイヤー、チームとしての戦略性が必要で、シンプルながら奥深いゲームとなっている。

おすすめ度:★★

ネクタリス (1989)

2089年、人類が月に進出した近未来が舞台。
月の資源を巡って人類と激しく対立し、地球攻撃のための最終兵器、”MOA”の開発を進める「ガイチ帝国」から地球を救うために、ベース・ネクタリスを目指す、本格戦闘シミュレーションゲーム。
シンプルだが奥深いゲーム性が多くの人を惹きつけた。

おすすめ度:★★★★

ダンジョンエクスプローラー (1989)

滅亡の危機にあるコーネリア国を守ることができるという「アイラの玉」を見つけるため、ショットと魔法を駆使しダンジョンを探索していくアクションロールプレイングゲーム。
8つの職業からキャラクターを選択し、最大5人までの同時プレイが可能。
※マルチプレイには人数分のコントローラーとマルチタップが別途必要です

おすすめ度:★★★★

ニュートピア (1989)

勇者フレイが、姫と8つのメダリオンを取り戻すために冒険に出る、アクションロールプレイングゲーム。
魔法のコンパスを使ってダンジョンやボスを探し出すシステムが面白い。グラフィックやBGMも美しく、ゲームバランスも絶妙で、万人に遊びやすい作品となっている。

おすすめ度:★★★★

PC原人 (1989)

史上最強の石頭をもつおかしな原始人「PC原人」が大暴れ!
「ジャンプ」と「頭突き」で敵を倒していく横スクロールアクションゲーム。パワーアップアイテム「でっかい肉」を食べると無敵状態になるなど、コミカルな演出が楽しい。

おすすめ度:★★★

イースI・II (1989)

CD-ROMの大容量を活かし、日本ファルコムのアクションロールプレイングゲーム「イース」「イースII」を一つの作品として収録。サウンドやグラフィックも大幅に強化され、壮大なストーリーに華を添えている。

おすすめ度:★★★★★

スーパーダライアス (1990)

アーケードの横スクロールシューティングゲーム「ダライアス」の移植作。
オリジナルのアーケード版は三画面であり、移植は不可能といわれていたが、巧みな技術で移植を実現。
オリジナルよりもボスの数を増やすなど、さらに仕様が強化されている。

おすすめ度:★★★★

スーパースターソルジャー (1990)

大人気シューティング「スターソルジャー」シリーズの続編。4年後の世界を描いた、全8ステージの縦スクロールシューティングゲーム。
制限時間2分間・5分間でスコアを争うキャラバンモードを搭載し、多くのプレイヤーがハイスコアを競った。

おすすめ度:★★★★

大魔界村 (1990)

「魔界村」待望の続編。スーパーグラフィックスの性能を活かし、アーケード版を忠実に再現している。
舞台は「魔界村」から3年後。主人公アーサーはプリンセスの魂を救い、世界に平和を取り戻すため、再び魔界に挑む。

おすすめ度:★★★★

オルディネス (1991)

PCエンジンオリジナルの横スクロールシューティングゲーム。
未知の侵略者に愛する者を奪われたヒロコ=A=FOXは、復讐のため新型戦闘機「オルディネス」に乗って出撃する。
スーパーグラフィックスならではの描き込まれたグラフィック、多重スクロールや巨大なボスなど、大迫力の演出が魅力。

おすすめ度:★★★☆

ニュートピアII (1991)

アクションRPG「ニュートピア」の続編。
再び魔王復活の兆しがあらわれた世界。前作の主人公の息子であるプレイヤーは、魔王討伐のため、新たな冒険に旅立つ。
「魔法のコンパス」で迷宮を探し出し、迷宮に潜むボスを倒して物語を進めていこう。

おすすめ度:★★★★

グラディウス (1991)

言わずと知れた傑作横スクロールシューティングゲーム。
超時空戦闘機ビックバイパーを操り、バクテリアン軍団を倒せ!
アーケード版の移植作品だが、PCエンジンではオリジナルの「砂漠」ステージが追加されている。

おすすめ度:★★★★

スーパー桃太郎電鉄II (1991)

社長となって資産額を競う、おなじみの大ヒットすごろく型ボードゲーム。
貧乏神の変身形態「ミニボンビー」「キングボンビー」が初登場。
「キングボンビー」はさらに甚大な被害をもたらし、涙を飲むプレイヤーが続出。最大5人でプレイ可能。

おすすめ度:★★★★☆

忍者龍剣伝 (1992)

龍の一族の末裔であるリュウ・ハヤブサが、父の仇を討つためアメリカに渡米し活躍する、横スクロールアクションゲーム。
PCエンジン版ではグラフィックが全て新規に描き直され、サウンドも一新された。
テクモシアターと呼ばれるステージ間のデモシーンも評価が高く、根強い人気がある名作ゲーム。

おすすめ度:★★★☆

スターパロジャー (1992)

名作「スターソルジャー」をベースに、ハドソンの人気作がところどころに登場するパロディ満載のドタバタ・シューティングゲーム。
プレイヤーキャラクターは「ボンバーマン」、「パロシーザー」、「PCエンジン」の3種類。
アニメーションを使ったデモシーンや、BGMも豪華。

おすすめ度:★★☆

SNATCHER (1992)

2042年のネオ・コウベ・シティを舞台に、主人公ギリアン・シードが、人間を殺しその人間と入れ替わる「スナッチャー」というアンドロイドの謎を追う、サイバーパンクアドベンチャーゲーム。
繊細な描写のグラフィックと、映画のような演出が随所に散りばめられている。

おすすめ度:★★★★★

グラディウスII -GOFERの野望- (1992)

超人気シューティングゲーム「グラディウス」の続編で、アーケードの移植作。
巧みな技術によりオリジナルから遜色のない移植だけでなく、演出やBGMなども強化された。
また、PCエンジン版ではオリジナルステージが追加され、全9ステージとなっている。

おすすめ度:★★★☆

超兄貴 (1992)

非常に個性の強い特徴的なキャラクターや敵が登場する、横スクロール型シューティングゲーム。
筋肉こそ最高の美徳とするビルダー星帝王「ボ帝ビル(ぼていびる)」の侵攻を止めるため、イダテン・ベンテンを操作しビルダー軍を倒していく。ステージは全部で5ステージ。

おすすめ度:★★★★

悪魔城ドラキュラX 血の輪廻 (1993)

横スクロールのゴシックホラーアクションでお馴染みの悪魔城ドラキュラシリーズ。アニメーションによる演出やキャラクターボイスなど、グラフィックやサウンドが大幅に進化。
主人公リヒター・ベルモンドのほか、マリア・ラーネッドもプレイヤーキャラとして使用可能で、デモシーンも各キャラクターごとに用意された。

おすすめ度:★★★☆

ボンバーマン’94 (1993)

おなじみの対戦アクションゲーム。
1人で楽しめるノーマルゲームと、最大5人で楽しめるバトルゲームを搭載。
バトルゲームはノーマルとタッグを選ぶことができ、遊び方もより豊富に。
乗り物として移動することができる人気キャラクターの「ルーイ」、敵キャラの「バグラー」が初登場!

おすすめ度:★★★★

ときめきメモリアル (1994)

恋愛シミュレーションゲームというジャンルの先駆けとなった名作。
出会い、勉強、学校行事、部活、デートetc…
個性豊かなヒロインたちと過ごす高校三年間をまるごとシミュレーションゲームに。
主人公の魅力を高め、卒業式の日に伝説の樹の下でヒロインに告白されることを目指そう。

おすすめ度:★★★★☆

ボンバーマン ぱにっくボンバー (1994)

ボンバーマンのパズルゲーム。
上から落ちてくる3個1組のボンバーマンを、縦・横・斜めに3つ以上並べて消そう。上まで積みあがったらゲームオーバーだ。
「STORYモード」のほか、最大5人で遊べる「みんなでボバる」、ノルマを達成していく「ボバる寺への道」モードも搭載。

おすすめ度:★★★

銀河婦警伝説サファイア (1995)

タイムトラベルが可能になった西暦2092年、時空犯罪テロリストと『対時間渡航犯罪捜査局』に配属された4人の美少女たちの熱い闘いを描いた縦スクロールシューティングゲーム。
アーケードカードで強化されたグラフィックも魅力のひとつ。

おすすめ度:★★★

R-TYPE (1989)

今なお多くの人々に愛される名作シューティング「R-TYPE」。当時人気を博したアーケードタイトルの移植作品である本作は、その移植の完成度の高さで人々に衝撃を与え、PCエンジンの実力を知らしめたPCエンジンを代表する名作。
北米版の本作は、PCエンジン版の『I』と『II』をまとめた作品となっている。

おすすめ度:★★★★

VICTORY RUN (1989)

全8コースのスペシャルステージを走破する、ロングランのレースゲーム。
ステージに設定されたタイム以内でゴールするとステージクリア。
走り方によりパーツが消耗するので、スタート前のタイヤやエンジンなどのパーツが選択画面で、自分の走り方により必要なパーツを選ぼう。

おすすめ度:★★★☆

POWER GOLF (1989)

スポーツゲーム「パワーシリーズ」のゴルフゲーム。最大3人でプレーが可能。
18ホールを回る「STROKE PLAY」のほか、「MATCH PLAY」、「COMPETITION」の3種類のモードが楽しめる。

おすすめ度:★★★

NINJA SPIRIT (1990)

高いゲーム性と精密なグラフィックが多くのファンを魅了した、幕末を舞台に繰り広げられる横スクロールアクションの傑作。
父の復讐と自らの出生の謎を知るため、分身の術や多彩な武器を駆使し、敵忍者との戦いに挑め。

おすすめ度:★★★

J.J. & JEFF (1990)

ちょっぴりドジな探偵2人組「J.J.」&「Jeff」のところに、誘拐された資産家を助けてほしいという事件の解決依頼の依頼がきた。
キックやスプレーで行く手を阻む敵や障害物を蹴散らし、資産家を助け出だそう。ドタバタ探偵アクションアドベンチャーゲーム。

おすすめ度:★★★

SPACE HARRIER (1990)

アーケードの3D体感シューティングゲームの移植作。
主人公ハリアーを操作し、敵や障害物をショットガンで撃退しよう。
アーケードさながらのハイスピードで繰り広げられる大迫力の熱いバトルに、多くのユーザーが虜となった。

おすすめ度:★★★★

PARASOL STARS (1991)

メルヘンな世界を舞台にしたアクションゲーム「レインボーアイランド」の続編。
「バビー」と「ボビー」を操作し、魔法のパラソルを使って、敵を投げたり、「しずく」を使って敵を倒してステージを進めていく。
ステージ内の敵をすべて倒すとクリア。
全8ステージ。2人同時プレイも可能。

おすすめ度:★★★☆

NEW ADVENTURE ISLAND (1992)

名作横スクロールアドベンチャー、「高橋名人の新冒険島」の海外版。
高橋名人が、斧や、ブーメラン、スケボーなどのアイテムを駆使して、さらわれた花嫁ティナと子供たちを救いに行く。
ステージは全7ステージで、それぞれ4つのエリアで構成されている。

おすすめ度:★★★

どうでしょうか?

駆け足で紹介してきましたが、なかなか面白いタイトルが揃ったんじゃないでしょうか?

公式発表では50タイトル収録という事ですが、一部、「PCエンジン」と「ターボグラフィックス-16」でタイトルで重複しているタイトルがあるので、実質45タイトルになるのがちょっと気になる点です。

ただ版権などの問題でどうなるかな~と思っていた、カトちゃんケンちゃん(J.J. & JEFF)、国内版PCエンジンでは2本に別れていたR-TYPEが一つにまとまって収録されていたり、セガの名作「スペースハリアー」が収録されていたりと、評価できる点も多いいのではないでしょうか! ありがとうコナミさん!

そして、今回の目玉は間違いなく以下の3つじゃないでしょうか!

  • イースI・II
  • スナッチャー
  • R-TYPE

 

そして、ときめもシリーズ第一弾の「ときめきメモリアル」や「桃伝」こと「スーパー桃太郎電鉄2」も忘れてはいけません!

まだプレイした事がない方は、どれもプレイしてほしいタイトルです!

PCエンジンminiの仕様、価格、発売日など

PCエンジンminiの価格、発売日

価格:10500円(税抜)
発売日:2020年3月19日

PCエンジンmini仕様一覧

PCエンジンmini 仕様
本体サイズ120mm×115mm×35mm
出力端子HDMI端子
使用電源micro-B給電
映像出力720p、480p
音声出力HDMI端子からのリニアPCM2CH出力
付属物・専用コントローラー ×1個 ※連射機能なし
・USBケーブル(電源供給用)×1本
・HDMI ケーブル×1本
・取り扱い説明書

※欧州版「PCエンジン コアグラフィックス mini」、米州版「ターボグラフィックス-16 mini」とは収録作品など製品仕様が異なります。日本版「PC Engine mini」付属のゲームパッドには連射機能はありません。

約50本のタイトルが収録されているにも関わらず、10500円(税抜)と、とてもお得な価格設定になっています。

発売まで少しありますが、昔を懐かしみながら気長に待ってみたいと思います。

周辺機器

周辺機器は以下がラインナップされています。

「ダンジョンエクスプローラー」、「桃電」など、複数人でプレイ可能なゲームや、対戦系2人同時プレイ可能タイトルなどもあるので、コントローラー、マルチタップはぜひ押さえておきたいです。

  • 連射機能付コントローラー
  • 専用ACアダプター
  • 専用マルチタップ

 

専用ACアダプターが別売になっているのが多少気になります。

本体にはUSBケーブルが付属していますが、電源は手持ちのUSB用アダプターで使えるという事でしょうか?

PCエンジンミニはAmazonで購入がおすすめ

PCエンジンミニ発売前は、Amazonで予約ができるようになっています。

キャンペーンが行われ、特典が付く場合もありますので、要チェックです!

発売に合わせて確実に入手をしたい方はぜひ予約しておきましょう!

まとめ

今回は、「PCエンジンミニ」の収録タイトル、価格、発売日などを紹介してきました。

今のゲームのグラフィックや音楽には到底及ばないですが、それでも今プレイしても遜色ないゲームが沢山あるので、ぜひ皆さんにもプレイしてもらいたいです!