仕事の悩み

仕事を頑張るのがあほらしい!真面目に働いても意味がない理由

  • 毎日残業をしながら頑張ってきたけど、給料は全くあがらない
  • これまで真面目に働いてきたけど周りを見ても誰も頑張ってない
  • 真面目に働く意味ってあるの?

そんな疑問にお答えします。

この記事を読めば、真面目に働いたとしてもその真面目さが評価されることは今後もないという事がわかってくると思います。

 

僕は以前に働いていた会社で10年以上に渡って黙々と仕事をしていました。

毎日15時間以上の仕事をしていきながらも、その働きは全く評価されずに常にパワハラを受ける毎日でした。

10年間働いたとしても基本給は全く増えず、増えるのは残業時間のみ。

しかも残業代は固定残業代制で働く時間が増えるだけ。

こんなサイクルになっている人も多いんじゃないかと思います。

真面目に働いたとしてもそれが報われない会社であるならば、ちょっと気を抜いて働いてみるのもいいかもしれませんよ。

 

仕事の悩みがあるならリクルートエージェントで無料相談!


 国内NO.1エージェント!利用料無料!

 

 

 

真面目に頑張ることが意味がない理由

頑張った人間も頑張らない人間も給料に大きな違いはない

この記事を読んでいる方というのは、今の会社でものすごく頑張っている人なんじゃないかなって思います。

誰よりも早い時間から出社をして、昼食や休憩をとる時間もなく働き、そして残業をして、毎日クタクタになりながら家に帰っているんじゃないでしょうか。

ただどうでしょう? それで他の人よりも多くの給料をもらっていますか?

僕の会社では毎年ボーナスの時期になると一人ひとりが個別に個室に呼ばれて、そこで今期の査定や昇給、ボーナスの額が伝えられていました。

その時、常に言われていたことがあったのですが、それが

「今回ボーナスが上がったのはお前だけだから、他のヤツには言うなよ」

ということ。

これは毎回毎回お約束のように言われる事で「絶対やぞ」というような釘をさされるので、他言するようなことはなかったのですが、何年か前の飲み会の時にボーナスの話が出て、それぞれの額を発表することになりました。

多少気が引けたのですが、僕もその金額を言ってみたところ、ほとんど全員が同じ程度のボーナスの額だったのです。

そのメンバーの中には会社の中でお荷物になっているような社員もいたのですが、多少の差はあるにせよ、その差はほぼないに等しいものでした。

正直、その時は正直脱力感しかなかった事を覚えています。。

あれだけ頑張ったのに、会社の中で頑張ってない人間とほとんど変わらないボーナスの額。

そして給料の額自体もそれほど大きくは変わらないということもその後判明しました。

自分が頑張っているのは、できない社員の給料を代わりに稼いであげているだけの事なんだということに気付かされたのです。

そして媚びを売るのがうまい人間が出世をしていく

給料を伸ばしていくためには、結局のところ、その会社である程度の位置につかなければ急激に伸びていくことはありません。

ただここで問題になってくるのが、仕事ができる人間が必ずしも出世ができるわけではないということです。

  • 誰よりも真面目に仕事をする
  • 誰よりも早く来て仕事に取りかかる
  • 誰よりも遅くまで残業をする
  • 有給もほとんど使わない

そんな真面目に頑張っていたとしてもそれが評価され、昇給に繋がるということはありません。

逆にそういった社員は、会社にとってはネギを背負ったカモそのものです。

「安い給料でいいように働かせることができ、何かあれば上から押さえつければいい」ぐらいにしか思われていません。

会社の中で出世していくのはそういった人間ではなく、上司に対して媚びを売り、調子がいい社員。

仕事ができるできないではなく、いかに上司に気に入られ、その懐に入れるかどうかで昇進やボーナスの額が決まってきてしまうのです。

このように真面目な人ほど上からの圧力をかけられ、あほらしいほど搾取をされ、逆に真面目でない人間が何のプレッシャーもなく、ほぼほぼ同じ程度の水準の給料をもらいながら会社で働いているとういのが現実です。

真面目に頑張っても給料は増えず、苦労が増える

そして会社はみにくいほどに従業員から労働力を搾取しようとします。

毎年かなり無理をした予算立てをさせられ、それを達成しないと毎日のように吊し上げをされてパワハラが行われるようになります。

そして必死になって目標を売上を達成したとしても、

「実質の利益が出ていない!」

「経費がかかりすぎ!」

というような後からつけたような理由で、査定を悪くしようとします。

そして来年になるとさらに大きな売上の予算立てをさせられていくのですが、現状の人数では無理ですというような話をしても

「この利益で増員なんかできるワケないに決まっとるやろ」

と言われるのがオチです。

結局前年以上に残業をしないと到底目標達成などはできなくなってしまいます。

昨今は残業時間に対してもうるさいので結局タイムカードを押して残業をすることになり、完全な社畜と化していってしまうのです。

 

真面目に頑張る人ほど報われない社会

本当に真面目に頑張ればそれが報われるという世界であれば、いつかその時が来ることを信じて頑張ることもできるかもしれません。

たださすがに5年、10年も働いて何も変わらなかったとするならば、今後10年20年たってもそれは変わるはずはありません。

真面目に頑張って苦労する人は、その会社で働き続けてもその立場が変わることがないのです。

それってものすごく損をしているという事だということに気付かないといけません。
周りをよく見てください。

1つの会社で全員が真面目に働いている会社なんていうのは1社として存在しません。

世の中の組織には「2対6対2の法則」というものが存在しています。

どんな組織においても真面目な人間が2割、普通の人が6割、やる気のない人間が2割という比率に分けられるというものです。

そして面白いことにこの比率というのは常に同じ比率になるようになっていると言います。

例えば元々やる気がない人が少しやる気を出し、普通の人の層になったとすると、元々普通の人の層に属していた人の中でやる気がなくなってしまう人が出てきてしまい、結局2対6対2という均衡が崩れることはない、というのです。

もしあなたがやる気をなくし、普通の人、もしくはやる気がない人の層に属したとしても、その中の誰かがやる気を出してあなたが担っていた立場に立つようになっていきます。

結局誰がやる気を持っているか持っていないか、という事は会社が回っていく分には全く関係はないということなんです。

 

可能なら、仕事の力を抜いてみてはどうでしょうか?

会社の中を見回してみると、あなたと同じように苦労している社員もいれば、全く仕事もせずにお荷物になっているような社員もいるんじゃないかと思います。

それってすごく不公平なことだと思いませんか?

それが給料やボーナスにしっかりと反映がされてこればまだやる気は出てきますが、実際はそこまでの差が出ないようにしているのが現状です。

もしあなたが今勤めている会社でこれからも働いていきたいと思っているのであれば、どこからの時点でギアを1段階か2段階下げていくことが必要になってきます。

今までトップギアで何年間も働いてきたと思うのですが、このまま何のメンテナンスもオーバーホールもなく走り続けていくと、どこかの時点で爆発を起こしてしまいます。

どこかで力を抜いて「不まじめ」「やる気ゼロ」まではいかなくても、ちょっとは従業員としての権利を主張していくといいかもしれません。

  • 朝は定時に出勤
  • 残業は極力しない
  • 休憩時間はしっかり取る
  • たまに仕事中に息抜きする

これだけでもかなり精神的にも体力的にも違ってくるはずですよ。

できれば有給休暇も可能な限り取得するようにしましょう。

会社はそれを拒否することはできないですので、有給を使ったからといって何が変わるというものでもありません。

もちろん上司や会社からは何か言われるかもしれませんが、他にも有給を使う人はいるはずです。

ほとんどの場合、そういった人が不利な立場に立たされるということはないでしょう。

むしろその人が休んだ際にあなたのような真面目な従業員がその分まで働かないといけなくなってしまっているわけですから、その分の時間までも損をしてしまっていることになるのです。

ちょっとでも気が抜ける時間や、休日があれば、それだけで少しは肩の荷が下りてくるものです。

もしまだその荷を下ろすことができるような環境であれば、思い切って行動してみて下さい。

 

従業員の権利が保障されていない職場なら、転職も考えよう

ただ同じ会社に何年も勤めていると、もう自分自身のスタイルを変えていくことができないレベルになってしまっている場合もあります。

また社員全員が右向け右というような全員が真面目に残業をしている会社で、かつ自分がある程度の役職についている場合は、そうする事によって自分の立場を悪くしてしまう場合もあるでしょう。

そんな会社では残念ながら肩の力を抜くどころか、そんなことをしたら逆にペナルティを受けることになるやもしれません。

労働者の権利が全く保障がされておらず、少し力を抜いて働くことさえもできないような会社であれば、その会社で働くこと自体を考えていったほうがいいでしょう。

もし真面目に働いてそれがしっかりと評価される会社であれば、その会社で働いていくことを選択してもいいと思います。

ただ普通に働いても給料も増えず、残業時間だけが増えるだけれであれば、転職サービスに登録をして、転職を考えるべきです。

僕が利用した、おすすめ転職エージェント

転職エージェントは、転職のプロが、その人の適正や、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

転職サイトを使ってみたけど、ろくな求人がなくて、結局転職サイトも信じられない!と思った人はいませんか?

転職エージェントはそんな人にオススメのサービスです。

転職エージェントは人材を企業に転職させる事によってその年収の何割かを成功報酬として企業からもらいます。

転職したのにすぐに辞めてしまうと信用に関わりますので、ブラック企業を紹介するなんて事はなく、優良企業ばかりとなっていますので、その点でも安心です。

利用したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

僕が転職エージェントでオススメできるのは以下の2社です。

現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェントの「リクルートエージェント」と「doda」に登録する事をおすすめします。

 

リクルートエージェントに登録する


 国内NO.1エージェント!利用料無料!

 

doda に登録する


 転職者満足度NO.1!利用料無料!

 

どちらも一般転職サイトに掲載されていない非公開求人を10万件以上もっており、アドバイザーの腕も確かですので、ぜひ登録して下さい。

また転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

また利用の際の気になる点もお伝えします。

 

Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの?

A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。

 

Q:登録するのが面倒では?

A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。
履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。

 

Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫?

A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。
ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。

 

Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが?

A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。
その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。

 

Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの?

A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。
現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。
それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。

 

転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。

どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。

僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは本当に大変ですし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。

ぶっちゃけ、転職は運も必要です。

あなたに合う企業はこの世の中にごまんとありますがそこに出会えるかどうかが一番大事な事です。

迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。

自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。

登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい!

  • 「この会社、すごく雰囲気が良さそうだなあ」
  • 「こんな条件のいい会社が自分の家の近くにあったの?」
  • 「僕でもこんな年間休日120以上の会社に転職できるの?」

どれも僕が面談の際、紹介された求人情報を見て思った事です。

今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです!

\ 国内NO.1エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 登録・利用料完全無料!

 

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 登録料・利用料完全無料!

 

まとめ:仕事を頑張るのがあほらしい!まじめに働いても意味がない理由

本来、真面目であるということは長所であり、認められるべきその人の性格ではないかと思います。

そういった方は真面目にコツコツと働き、その真面目さが評価される会社で頑張っていけるようにしましょう。

普通の会社は真面目に働けば他の従業員よりも早く仕事を終えて、自分の時間を作ることができますし、その時間を使って自分自身のための勉強をすることもできます。

「仕事はお金のため」と割り切れる人はそれでいいと思いますが、中にはそうできない方もいるんじゃないかと思います。

仕事で力を抜くのは自分のスタイルじゃない、という人は転職サービスを利用して、自分自身に合った職場を探してみてはいかがでしょうか。

 

今の苦痛から抜け出すために今すぐ行動しよう!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評価・レビュー記事

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評価・レビュー記事

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評価・レビュー記事

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!
リクナビNEXTの評価・レビュー記事

 

以下には僕のブラック企業に勤めてからの苦悩、ストレスと過労から病気になるまで働いた経験、そして転職を成功するまでの体験談をまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

管理人のブラック企業での苦悩と転職成功の体験談はこちら!