仕事の悩み

「仕事がどうでもよくなった」となる原因は会社。適当に働き自分の人生を大切にしよう

  • 会社でストレスが溜まりまくって仕事がどうでもよくなってきた
  • そんな風に思うのは間違い?
  • 仕事をするのは大切だけどストレスを抱えてまでするもの?

今回はそんな疑問にお答えしていきます。

僕はこれまで何度か転職をして、最終的に今の会社に定着しています。

今の会社は1日7時間労働でノー残業というゆるい会社です。

そんな僕も過去に1日15時間以上朝から晩までトイレ休憩以外の休憩が許されない環境で働いていた事があります。

その時の体験談はこちらにあります。

ブラック企業のパワハラ、過労、ストレスで顔面神経痛になった僕の転職成功体験談こんにちは。 15年以上パワハラが蔓延るブラック企業で社畜として働いてきた「ちなみな」といいます。 このブログでは僕と同じよ...

 

ブラック企業でストレスを抱えながら働いた結果、顔面神経痛と適応障害を招き、今でもその時のことが夢に出てくることがあります。

職場で倒れるくらいに仕事しても、会社は何の責任もとってくれない【体験談】僕はブラック企業で約15年間ほど働いてきました。15年も働くようになるともうこのままずっとこの会社で働いていくんだろうなという諦めの境地で毎日働いていました。でもそんな事も言ってられないような状況にもなり結局は会社を辞める事になりました。...

 

そして僕が出した結論は、はっきり言って「仕事は適当にやればいい」ということ。

現代の会社では頑張って仕事をすることは、ほぼ無意味。

大事なのはいかに少ないストレスで生活に困らないだけのお金を稼ぐことができるかどうかということです。

この記事ではこれからの世の中を生き抜いていくために何が必要なのか、どんな生き方が幸せなのか、僕の経験も交えながら話していきたいと思います。

「来年就職だけど仕事なんかどうでもいいんじゃないの?」「やりがいとかプライベートで作ればいいんじゃないの?」という事を考えている就活生、第二新卒の方もぜひ参考にしてみてほしい内容です。

仕事は頑張る必要なんてありません!

世の中の多くの人は会社に属して仕事をして暮らしています。

それは会社で働く事によって安定を手に入れることができるから。

そうしないと生きていく事もできないですからね。

ただ自分が好きな仕事をして生きているという人はこの日本の中にどれだけいるんでしょうか?

ほとんどの人がやりたい仕事でも得意な仕事でもない、その時のタイミングで内定をもらった会社で働いているだけなんじゃないかと思います。

もちろん「自分は元々やりたかった仕事をやっている」という人もいるでしょう。

それで生活をしていけるだけのお金を稼いでいて、何のストレスもなく働けて、老後に何の不安もないのであれば問題はありません。

ただほとんどの人がストレスで消耗するだけの人間関係、そんな中で働いているのが現実なんじゃないでしょうか?

現代は「働き方改革」が政府によって推し進められるようになり、少しずつではありますが改善がされてきているところもあります。

ただそれは一部の大企業に限った事です。

この働き方改革は完全に二極化しており、改革が進んでいるところは進み、進んでいないところは旧態依然のままといった状態で何の進歩もありません。

そういった会社は「オレらの会社は大企業と違うから、あんな風にできると思うなよお前ら」と言われる始末です。

2020年の春には「コロナウィルス(COVID-19)」が大流行し、テレワーク(在宅ワーク)を推し進める企業があった反面、中小企業では「何が何でも出勤してこい」「熱と咳くらいで休むな」「コロナにかかったら会社に来るな」などという全く矛盾した事を言っている企業もあるくらい。

その会社のやり方についていけずにかなり多くの人が転職をしていきました。

そんな、従業員の事を道具のようにしか考えていない経営者の会社なら、はっきり言って仕事を一生懸命やる意味はありません。

すぐに考え方を変えていった方が幸せになっていきます。

仕事がどうでもいいと思っても、適当に働くようになっても問題ない

仕事は人生の全てではありません。

生きていくための手段にしかすぎないのですから、そこに自分の人生の全てをかけてしまうのは無意味なことですよ。

「仕事は食べていける分だけの給料を稼げればそれでいい」

というような考えにシフトしていくだけで気分が楽になっていくはずです。

会社も従業員の事をそれくらいにしか考えていないのですから、こちらも会社に対する考えはそれくらいで十分。

もし本当に会社に行けれないような事情があるのであれば、無理やりにでも有給を取ればいいですし、自分の仕事が終わっているのなら他の人がいても残業をせずに帰ってこればいいだけです。

会社の中で割をくうのは、いつも優秀な社員や真面目な社員たちです。

会社に逆らうことをせず真面目に働く人を結局会社は食い物にして「まだ働けそうだから次はこれをやらせよう」と手ぐすねを引いているのです。

それで給料が大幅に良くなればいいですが、実際昇給する金額は横一線。

自分の半分くらいしか仕事もしていない、実績も出していない人間とそこまで大きな給料の差がないというのが現実です。

だったらその人と同じくらいの基準で働いた方が利口だと思いませんか?

「仕事がどうでもいい」と従業員が思う責任は間違いなく会社にあるのですから、雇ってもらっている恩も感じる必要はありませんし、ただもらった分だけの働きをすればいいだけです。

そんな考え方をした方が、よっぽど楽に生きて行くことができますよ。

仕事がどうでもよくなる原因は常に会社にある

ここで会社で働いていて、仕事がどうでもよくなる理由を考えてみましょう。

ぶっちゃけ、最初からやる気がない従業員というのはそんなにはおらず、ほとんどは会社や上司が原因で仕事がどうでもよくなるパターンです。

会社によって様々あると思いますが、僕の場合は以下のような感じでした。

  1. 理不尽なルール
  2. 上司のパワハラ・モラハラ
  3. 仕事をしたところで成長しない

理不尽なルール

特に中小企業以下の規模の会社になってくるといろんなローカルルールというものが存在します。

僕の会社にあったのは、以下のようなルール。

  • 課長以上の役職者は定時よりも1時間出社しないといけない
  • 有給は理由を報告し社長の許可がないととれない(ほぼ許可されない)
  • インフルエンザの時は有給利用は不可
  • 部長以上からの電話は3コール以内に取らないと罵声+説教

これはほんの一部で全てのルールを書き出すと軽く50個はありましたね。

そしてその人の評価は実績などではなく、そのルールを守れているかどうかで決まる部分も大きかったため、従業員はがんじがらめになり、消耗していくだけでした。

評価の基準がそこにあって、どれだけ仕事をがんばったとしても報われないのであれば、仕事なんてどうでもいいって思いますよね。

上司のパワハラ・モラハラ

そしてそこに追い打ちをかけてくるのが社長や上司からのパワハラです。

こちらがやる気があっても上司のパワハラ1つで簡単にモチベーションなんて下がっていきます。

会社・上司は仕事をしやすい環境を準備し、従業員がモチベーションを維持することが重要にも関わらず、売上が上がらないのを従業員の責任になすりつけた上、パワハラでモチベーションを下げるのが上司の仕事になっていることも少なくありません。

そして攻撃されることによって萎縮してしまい、怒られたり否定される事がイヤになり自分の考えも言えなくなり、最後には考えることも放棄していってしまいます。

仕事をしたところで成長しない

結局ダメな会社にいると自分が成長することもストップしてしまいます。

給料をもらうために表面上は仕事をしますが、そこから何か得ることもありません。

仕事を効率化して結果を出したとしても、「まだ余裕があるんじゃない?」と思われさらに多くの仕事を与えられて…ということの連続になることも、中小企業ではよくあるケース。

最初はやる気があった人も数年もすれば、やる気のかけらさえも出てこないほどになり「もう仕事なんてどうでもいい」という気持ちになります。

ただそう思うようになるのも当然ですので、やる気がない事で思い悩んだりする必要なんて全くありません。

ただ若い方ですとまだまだ数十年以上働いていかないといけないわけですから、これからどういったスタイルで仕事をしていくか、ということは考えた方がいいでしょう。

今いる会社で適当に働いていけるかを考えよう

まず今いる会社である程度の給料がもらえるのであれば、そこである程度力を抜いて働き続けるというのも1つの方法です。

ただこの場合は、以下の点をチェックしておきましょう。

  • パワハラ・モラハラがない
  • 残業しなくても大丈夫
  • 有給が取得できる
  • 休日が120日ある

最低限この条件がクリアされていないと、その会社でゆるく生きていくのはかなり大変です。

残業をせず定時に帰ることができたとしても、パワハラをを受けたり人間関係でのストレスを受けたら何の意味もありません。

これから30年も40年もの間、ストレスに囲まれながら生きていくのは大変ですし、リストラ候補の筆頭としてリストに載せられてしまうかもしれないからです。

働き方を変えられる会社に行くのが一番

そんな場合は徹底的にゆるく働ける会社に転職するのが一番いい選択になってきます。

特に重要なのは「いかにストレスフリーの仕事・会社か?」ということ。

ストレスフリーで、仕事もやりたい仕事ならベスト!

もしもストレスフルでやりたい仕事か、それほどやりたくなくけどストレスフリーの仕事かなら、迷うことなくストレスフリーの仕事を選んだ方が自分のためになります。

そのストレスを抱えながら30年、40年を生きていくのは思っている以上に過酷です。

ちなみな
ちなみな
僕は10年で耐えられなくなりました。

 

30代、40代になっていくと転職の難易度も高くなっていきますし、何よりも精神的パワーが必要です。

とりあえず60歳、65歳まで楽に働ける会社に転職した方がよっぽどいいですよ。

ただストレスフリーの仕事というのは人それぞれ。

「工場のライン作業が楽でいい」という人もいれば、逆に「ずっと立ちっぱなしで単純作業をするのは耐えられない!」という人もいると思います。

そこはある程度、自分の向き不向きなど把握しているでしょうから、その選択を間違えないようにしましょう。

ストレスフリーの会社をどうやって見つけるか?

ただここで問題になってくるのが「ただ、ストレスフリーの仕事ってどうやって探せばいいの?」ということ。

そんな方は転職エージェントを利用して転職活動をしてみましょう。

転職エージェントは面談を行った上でその人に合った企業を紹介してくれる転職サービスで、完全無料で利用をすることができます。

 

転職サイトやハローワークを使うと、ストレスしかないブラック起業にはいる可能性がめちゃくちゃ高くなります。

僕がハローワークを通して就職した会社がブラック企業だったという体験談が以下にありますのでご覧下さい。

残業のタイムカード
ハローワークはろくな求人がない!ブラック求人票のウソを見抜く方法を解説!先日15年近く働いてきた会社を退職したのですが、今回はその会社に入社した時の話をしてみたいと思います。求人内容は週休二日制、祝日休みというような内容でしたが、入社してみると後から後からいろんな条件が出てきました。...

 

転職エージェントでは登録後にキャリアアドバイザーと面談を行い、この転職の中で何を実現したいかを確認していきます。

さすがに「ストレスフリーの会社で働きたい」とダイレクトに話してしまうと少しマイナスのイメージを持たれてしまいますので、以下のような感じで話してみましょう。

「ワークライフバランスを整えたいと思った」
「自分の適性にあった仕事をしたいと思った」

上記にプラスして自分が適性だと思う業種などをアドバイザーに伝えてみましょう。

一度面談を受けた後は、メールやアプリなどでキャリアアドバイザーからの紹介求人を確認できますので、自分に合った仕事があれば応募をすればいいだけです。

以下にオススメできる転職エージェントを紹介しています。

僕が利用した、おすすめ転職エージェント

現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェント「リクルートエージェント」と「doda」は絶対に登録する事をおすすめします。

 

リクルートエージェント公式サイトはこちら


国内NO.1転職エージェント・利用料完全無料!

 

doda 公式サイトはこちら

 

 転職者利用満足度NO.1・利用料完全無料!

 

また利用の際の気になる点もお伝えします。

Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの?

A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。

 

Q:登録するのが面倒では?

A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。
履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。

 

Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫?

A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。
ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。

 

Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが?

A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。
その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。

 

Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの?

A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。
現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。
それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。

 

転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人を転職エージェントが紹介してくれます。

本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。

どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。

僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは本当に大変ですし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。

ぶっちゃけ、転職は運も必要です。

あなたに合う企業はこの世の中にごまんとありますがそこに出会えるかどうかが一番大事な事です。

迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。

自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。

登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい!

今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです!

\転職成功のために今すぐ登録!/

リクルートエージェントに登録する

 登録・利用料完全無料!

 

\転職成功確率を上げる秘訣!/

doda に登録する

 登録料・利用料完全無料!

 

年収は下がってもストレスフリーの仕事を選択するべき

もし転職活動をして「ちょっといい仕事があったけど年収が下がるんだけど、どうしよう…」という場面になったらどうすればいいでしょうか?

その際はもちろん、年収ではなくストレスフリーの仕事を選ぶようにしましょう。

年収が下がったとしても、定時に帰る事ができ、年間休日が120日あれば、普通に副業ができます。

しかも副業は自分が好きなことや挑戦したいことをやればOKです。

好きな事をやりながら自分の力でお金を生み出していけるってメチャクチャいいと思いませんか?

それに全て自分1人の力でお金を稼いでいかないといけないわけですからイヤでも成長していきます。

自分が好きなことですからストレスもありません。

家にいて家族と一緒にいる時間も増えますので家族にも喜ばれますよ!

仕事がどうでもよくなった、となる原因は会社。適当に働き自分の人生を大切にしよう:まとめ

今回お話した通り、「今回は仕事がどうでもよくなった」と思うようになっても深く考える必要はありません。

ぶっちゃけた話、あなたが頑張らなくても、入院しても、退職しても会社は普通に回っていきます。

つまりあなたは会社にいいように使われているだけということなんです。

相当な役職者や、技術が必要な仕事でない限りは、どの会社であってもいなくなって困るということはほとんどありませんし、代わりは探せばどれだけでもいます。

その程度にしか思われていないのであれば、より自分自身のために生きていくという選択肢を選んでもいいんじゃないでしょうか?

「ちょうどいい機会」ぐらいに思って、これからのことを考えてみるいい機会にしていきましょう!

 

今の苦痛から抜け出すために今すぐ行動しよう!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評価・レビュー記事

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評価・レビュー記事

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評価・レビュー記事

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!
リクナビNEXTの評価・レビュー記事

 

以下には僕のブラック企業に勤めてからの苦悩、ストレスと過労から病気になるまで働いた経験、そして転職を成功するまでの体験談をまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

管理人のブラック企業での苦悩と転職成功の体験談はこちら!