40歳過ぎの人が転職・再就職できない理由、よくある特徴。40代で成功するならまず自分を見つめなおせ

最近は40代でも何かを改善していきたい、最後に挑戦をしていきたいと思って転職をしたいと思う方が増えてきました。

すでに準備を進めている方、もう転職活動を始めている方もいらっしゃるかもしれません。

でも転職活動をしてみたものの全く企業から内定が出ないという方がいるというのも現実です。

転職活動のフィールドに飛び出せば周りは全て敵。

あなたは30代、他の40代の方と争って、内定というタイトルを手にいれないといけないんです。

確かに厳しいですがそれを「結局年齢かよ」と考えるようでは、いつまでたっても企業からの内定を手につかむ事はできません。

でも実は内定というものを得るには少しのコツさえ覚えていれば、その可能性を上げていくこともできるんです。

今回は40代後半で転職に迷っている方や転職活動を始めたけどうまくいっていない、という方に転職の重要ポイントとなる点を紹介していきます。

>>リクルートエージェント公式サイト

企業と自分自身のミスマッチング

40代の転職でうまくいかない人で最も多いのがこのパターンです。

求人案件を出している企業もこんな人材に来てほしいというイメージをもっているのですが、そのイメージと全く合致していない事がよくあります。

企業もあなたと同じように何かに困っていて、それを解消するために新しく人を雇いたいと思っている訳なので、まずそれが何かという事を考えないといけません。

人手不足だから人がほしいけど、肉体労働に耐えられる人が必要
若手だけしかいないから、それをまとめる人がほしい
業績が思うように伸びないから、ノウハウのあるプレイヤーがほしい

とそれは各企業によって違います。

どれだけあなたが現職もしくは前職で輝かしい成績を残していたとしても、企業側としてはプレイヤーとしてではなくマネジメント経験のできる人を求めているとしたら、その企業で内定をもらう事は厳しいでしょう。

またあなたが営業職から事務職に転職したいと思っていて「この仕事ならできるかな」と思ってボタンをポチっても、企業側からしてみれば「こんな未経験やとってもしょうがない」と思われて書類選考で落とされるのが普通です。

まずは企業が求めているのがどういう人材なのかをイメージして、自分がそのイメージに合っているかどうかを考えるのが大事です。

企業のイメージする人材は求人案件を見ればわかる!

その企業がイメージとあなたがマッチしていれば、書類選考の可能性はグッとあがっていきます。

履歴書・職務経歴書は企業側がそのイメージと合うかどうかをチェックするための書類なのです。

そこで企業側が「この人ちょっと会ってみるかな」と思わせないとだめなのです。

ではどうやって企業のイメージする人材をサーチしていくかですが、それは企業が出している求人案件、企業のサイトを見れば分かります。

転職、再就職がうまくいかないという人はこの部分をおろそかにしている場合が本当に多いんです。

またこの作業は面接対策の際も必要となります。

「面接対策は書類選考が通ってからでいいや」というような人は、そうそう簡単に転職には成功しません。

40代というのはそもそもが年齢というハンディキャップを背負った存在です。

その40代が転職に成功していこうと思ったら、

  1. 企業が出している求人案件を見て、この企業はどんな人材を求めているのか
  2. 自分がそのイメージと合う理由の根拠は何か(体験談)
  3. 自分自身がこの企業に入ったら、何をしていくことができるのか

 

このような組立をして、面接ではこれをアピールできないとだめです。

これを企業に応募する前にイメージしてみて、それができるかどうかをまずあなたの中で確かめて下さい。

それができないのであれば、その企業とあなたがマッチングする可能性は低いですが、逆にこの組立がスムーズにできる企業であればかなりの確率で企業はあなたに興味をもつはずです。

上の中で、体験談は特に大事です。

これがあればあるほど、面接の場での武器となっていき、相手をどんどんあなたに興味を持たせる事ができます!

逆に言えばこれこそが、40代にしかできない戦い方なのです。

書類選考が通っても気を抜くな!面接では第一印象が大事!

書類選考が通れば、次はいよいよ企業との面接です。

40代や50代の転職希望者が増えるに伴って、企業側も40代や50代の方と面接をする機会が増えてきています。

ただ40代、50代ですと、やる気のない、疲れた感じの中年というイメージがついてしまって、あまり良い印象をもたれない事も増えてきています。

ですので我々はそれを逆手に取らないといけません。

履歴書は必ず写真館で撮影した写真を履歴書にはる
面接では最近の流行のスーツを着用する
面接で話す際は落ち着いた低めの声でゆっくり話す

徹底的にイメージ戦略をしてきましょう。

メラビアンの法則という言葉を知っているでしょうか?

これは、相手の第一印象が決まる際は「言語情報」「聴覚情報(声質・トーン)」「視覚情報(表情・見た目・しぐさ)」の3つから構成され、それぞれの影響力は以下の割合であるというものです。

言語情報(Verbal)…7%
聴覚情報(Vocal)…38%
視覚情報(Visual)…55%

この通り、人間は視覚情報、聴覚情報だけで90%以上が見た目と声質で決まり、しかもそれが決定づくまでの時間はわずか3秒~5秒だと言うのです。

まあ、ぶっちゃけ当たり前の話ですよね。

人間見た目で判断されるのが普通です。

あなたがヨレヨレの10年以上も前に買ったようなスーツを着て、汗だくになって面接に向かおうものなら、面接官はドアを開けた途端にもうあなたの不採用を決めてしまいます。

そうならないようにここにも力を入れて下さい。

面接ではこの第一印象がすごく大事になりますが、逆に言えばここに多くを注力していけばかなりあなたを相手に印象づけることができますし、他の同年代のライバルに差をつける事だって可能ですよ!

転職エージェントの活用してマッチングする企業を紹介してもらいましょう

転職活動をしている人の話を聞いてもったいないと思うのが、結構実力とかあるのに、なかなかそういった企業との出会いがないという事です。

どれだけ自分自身の成功体験があったとしても、それとマッチする企業がなければ最終的に転職や再就職の成功にはつながりません。

転職や再就職を成功させるには、以下にそういった企業との「出会い」の機会を増やしていけるかなのです。

そんな人がぜひ利用してほしいと思うのが、完全無料で利用できる転職エージェントです。

転職エージェントは、転職をしたい人に求人紹介をしてくれるサービスで、登録すると面談を行い、そのキャリアや適正に合った求人を紹介してくれます。

あなたのキャリア、経験、そして人となりを総合的に判断した上で企業を紹介してくれるので企業とのミスマッチが起こりにくくなっており、スピーディかつ効率的に転職活動ができます。

求人案件もしっかりした企業のものしかないので、入社してみたらブラック企業だった!という事もありません。

また以下のようなサービスも行っています。

・転職相談
・履歴書・職務経歴書の作成サポート
・面接対策・模擬面接
・年収・面接日の調整・交渉

企業に応募する際は担当のコンサルタントが推薦状を付けてくれるので書類選考通過率も高く、転職サイト一本で活動している人より一歩も二歩も抜き出る事ができます。

紹介される求人も現在の収入をベースにしているため、大幅な年収アップの可能性も視野にいれる事が可能です。

こういったサービスを全て無料で受けることができ、また一切料金がかかるという事はありません。

利用したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

国内2大エージェントのリクルートエージェントとdodaがおすすめ

現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェントのリクルートエージェントとdodaに登録する事をおすすめします。

どちらも多数の非公開求人や独占求人をもっていますので、あなたにぴったりマッチする企業もきっと見つかります。

一般サイトには掲載されていない求人が10万件以上もありますから、可能性はぐんと広がっていきます。

転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

リクルートエージェントのメリットとしては

リクルートエージェントのメリット
  • 業界NO.1で企業からの信頼も厚い
  • 非公開求人件数20万以上。幅広い業界の求人がある
  • 面接力向上セミナー、模擬面接なども受けられる
  • 土日の面談も可能
  • 拠点数が最も多い

といった点です。

特に面接力向上セミナーは本当に役にたちますし、履歴書の志望動機を書くのに役立つ内容も聞けますのでぜひ一度受けてみてほしいです。

dodaも非公開求人が多く、エンジニア、IT系にも強いのでそのジャンルを狙っている方にもおすすめです。

dodaのメリット
  • メーカー、エンジニア、IT系に強い
  • 10万以上の厳選された非公開求人
  • 優良中小企業の案件も多数
  • 利用者の満足度NO.1できめこまかいサービスが受けられる

もちろん、エンジニア、IT系意外の職種も豊富に揃っています。

非公開求人はコンサルタントが本当に企業とマッチングする人にしか紹介をしないため、競争率も低く、転職への成功率も高くなります。

また不安な事があれば相談することもできますし、客観的な意見を聞くこともできます。

一人で活動をするよりも効率的に転職活動ができ、また希望の転職が叶う最も最適な方法ですので、ぜひ転職エージェントを使い転職成功をつかみとって下さい。

>>DODA公式サイトはこちら

   

 

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

40代の場合は、年齢を重ねるたびに登録が難しくなっていくという現実もありますが40代前半で、ある程度の社会経験があれば登録拒否をされる事はあまりありません。
今転職を考えていなかったとしても、登録して面談を受けておけば、その後もサービスの利用ができますので、まずは登録しておくのが良いですよ。