転職コラム

20代、30代の転職で年収を50万円以上アップさせる方法と考え方

  • 30代目前で年収300万円というのは生活にきつい…
  • もうすぐ結婚するから給料を少しでも増やしたい…
  • 手取りが17万円か18万円くらいしかない…収入を増やす方法はない?

そんな悩みや質問にお答えします。

この記事では転職をすることにより年収を50万円以上アップする方法とその考え方を解説していきます。

 

僕は大学卒業後しばらくフリーター時代もあり、年収が百数十万円という時代もありましたが数回の転職を経験して、現在は年収500万円を超えており、投資や副業なども始め資産形成などにも手を付けることができるようになりました。

だからと言って「自分も転職をして給料を増やすぞ!」とやみくもに行動しても簡単に給料は増えません。

給料をアップするために転職活動をするにはそれなりの考え方やコツがあります。

何の戦略もなく行動してしまうと逆に転職に失敗してしまって、ブラック企業に入社してしまったり、年収が下がってしまうという可能性もあります。

今回は特に20代後半から30代前半の方で年収を大幅にアップさせていくことができる攻略法を解説していきます。

 

リクルートエージェントで無料転職相談をする


 国内最大の転職エージェント!

 

年収は年齢×12以上のところを狙う

まず基本的な考え方としては、年収の最低ラインは

年齢×12以上の会社を狙うようにしましょう。

これ以下の会社は正直いって将来性も見えてきませんし、従業員に対して様々な搾取を行っている可能性があると考えられます。

この数字自体、僕自身が考える最低ラインですので、求人内容の給与水準がこの数字以下の場合は、最初から無視していった方がいいです。

ただ入社した時点での給料が良かったとしてもそこから全く昇給しないとか、そこで給料が頭打ちになってしまうようであっても全く意味はありません。

そうならないようにするために以下の2点をしっかりと見極めていくことが重要になります。

  • 転職後、自分が会社に対して貢献をしていくことができるかどうか?
  • 会社がその貢献に対してリターンをしてくれるかどうか?

この流れができてこそ、その転職が成功したということを言えることができるのです。

求人内容の給料の数字だけを見ていってもわからない部分もありますので、以下の解説も参考にしていき、しっかりと会社選びをしていくようにしましょう。

 

やりたい仕事ではなく得意な仕事を探す

転職をする際に勘違いする人が多いのがここ。

年収を増やしたいために転職活動を始めたのにも関わらず、「自分のやりたい仕事」を探してしまう人。

もちろん自分のやりたい仕事をして年収を上げることができればそれが最も良いのですが、現実としては世の中はそんなに甘くはありません。

「これまで自分がやりたいと思ってきたのとドンピシャの仕事があった」

このような場合、

自分自身の中で「やりたい仕事」と「給料のアップ」のどちらを選択するのかをよく考えるようにしましょう。

その結果「やりたい仕事」を選択するのであれば問題はないでしょう。

ただ転職活動を始めた理由が「年収アップ」ということであれば、その初心を貫く方が結果として転職の満足度が高くなるはずです。

実際に会社に入った際、会社から見られるのは結局のところ、その人が何ができ、どうやって会社に貢献していってくれるかです。

自分だけが会社に対してプラスの思いがあったとしても会社側があなたに対してマイナスの考えしかない場合はそのマッチングが成功しているとは言えませんよね。

結局マッチングというのは相思相愛でないとうまくいきません。

どちらか片方だけが一方的に相手を好きというだけではうまくいかないのは恋愛も転職も一緒のことです。

企業と自分とのマッチングを成立させるために必要なことはただ1つ。

それは、

「自分のやりたい仕事」ではなく「自分が得意な仕事」

を探すということです。

5年以上の社会経験があるのであれば、自分がどんな仕事に向いているか向いていないのかはある程度把握ができているんじゃないかと思います。

それに自分の得意分野が何であるかという事も気付いているはず。

  • 他の人よりも営業に向いている→営業職
  • 人と接するのは苦手だけど黙々と作業ができる→ドライバー、倉庫業など
  • モノを作ったり考えたりするのが得意→企画職

まずはこのような自己分析をして、自分が最も貢献できそうな仕事は何かという事を考えていくことが大事になっていきます。

 

企業が成長しているかどうかを調べる

年収をアップさせていくために絶対的に必要なのがその企業が成長していっているかどうか。

ここを見誤ってしまうと、年収アップどころか年収ダウンとなってしまう可能性もありますので、しっかり見極めることが重要です。

斜陽産業・衰退産業への転職はNG

まず斜陽産業や衰退産業は避けていった方がいいでしょう。

その筆頭となるのは以下の業界になります。

  • 印刷業界
  • ブライダル業界
  • 家電量販店
  • パチンコ業界
  • 郵便事業

 

他にもたくさんありますが、こういった斜陽産業では年収アップしていくことが難しく、たとえ入社した時点では年収アップをしたとしてもその後の昇給が全くなかったりする場合もあったりします。

中にはしっかりと経営がしっかりしている会社もあったりしますので、何か他の会社に真似することができないような、その会社独自の商品やサービスを持った会社であれば一考する余地はあります。

ただ産業自体が今後どのようになっていくかわからない業界に身を投じるのはやはり危険性も高いですので、あまりオススメはしません。

それよりも現在伸びている業界、例えば以下のような業界。

  • WEB広告業
  • IT業界
  • 人材派遣業
  • 観光業界
  • 医療業界

こういった業界への転職を優先的に考えていった方が、年収アップにつながる可能性は高くなります。

介護業界は成長している産業とはいえますが、その待遇はあまり良いとはいえませんので、個人的には避けた方が無難だと考えています。

 

会社自体が成長していっているかどうかの確認もマスト!

たとえその業界が成長産業であったとしても会社自体が成長していない限りは、給料がアップしない可能性もあります。

この部分はなかなか外面からはわからない部分がありますが、ある程度調べることができますのでその方法を紹介していきましょう。

企業ホームページ等で売上を確認する

最も簡単にその企業が成長しているかどうかを確認する方法が企業のホームページや四季報などで売上を確認することです。

過去数年間の売上はどうなのか、従業員数はどうなのかなどの情報が掲載されていることもありますので、そこから企業が成長していっているのかどうかを確認していきましょう。

ハローワークの求人履歴を見る

ただ大企業以外の場合は売上を非公開にしていたり四季報にも掲載されていないという場合も多くなります。

その際は過去の求人情報と現在の求人情報を比較することによってその企業が成長していっているのか衰退していっているのかを推測することができます。

例えば2年前の求人内容を1年前の求人内容を比較した際に

1年前と現在の求人情報を比較

  • 年間休日:105日 → 108日(+3日)
  • 給与:25万円 → 26万円(+1万円)
  • 賞与実績:前年度実績1ヶ月 → 2ヶ月(+1ヶ月)

 

両者を比べてみると、年間休日、給与、賞与どれも1年前よりも増加しています。

このような場合は企業も成長しているということが推測でき、社員に対する福利厚生も充実させようとしているということが分かってくるでしょう。

これが逆だったパターンはその企業は衰退しているという事がわかり、入社した後も条件が悪くなっていくのではないかと予想することができます。

ただ過去の求人情報は掲載期間が終わると削除される事も多いため、情報集めが少し難しいという点があります。

そんな時に利用できるのが以下の「ハロワ検索」のサイトです。

こちらは過去のハローワーク求人を調べることができるサイトになっており給与、賞与、年間休日などの情報も見れるようになっています。

企業に応募する際は必ずチェックをしておくようにしたいです。

 

固定残業代制の会社はNG!

たとえ給料が30万円を超えていたとしても残業代が固定残業代制となっており、その金額が10万円前後という高額になっている会社も要注意です。

給与30万円:基本給20万円+固定残業代10万円

残業時間:月平均20時間

この場合、残業時間が最低2時間はあると考えることができ、ブラックなところは3時間4時間という残業を当たり前のように従業員に強要してくる可能性もあります。

月残業時間平均が20時間と書いてあっても決して鵜呑みにしてはいけません。

残業代とはいえ5,000円にもなるような時給なんていものは決して存在はしません。

残業代の基本的な考え方は「各地域の最低賃金×1.25」になります。

 

固定残業代制の場合はその金額を最低賃金で割った数値を見てみましょう。

最低賃金を800円とした場合は以下のようになります。

残業時間の目安の計算

固定残業代(100,000円)÷残業代(800×1.25)

予想残業時間(100時間)

もしこのような数字となるような場合は、その会社は僕の経験からして、月平均の残業時間50時間超、繁忙期は100時間近い残業になる可能性があります。

そうなると給料が増えたとしても疲弊をしてしまうだけで転職を繰り返すようになってしまったりする危険性もあったり、身体を壊してしまう可能性もあるかもしれません。

できる限り基本給だけで基本となる給料を超え、さらに残業代もしっかりと支給される会社を探すようにしましょう。

仮に固定残業代制であったとしても上記の計算式を使って月平均の残業時間が10時間程度の会社であることが最低限のラインになります。

 

転職サービスをフル活用して転職成功をさせる

僕自身、これまで5回以上の転職を繰り返しており、中には転職1ヶ月ほどで転職したりしたこともあります。

そのときは今のように情報がない時代でしたので、その都度自分でハローワークやリクナビNEXTといったサイトを使って求人を探していました。

そして最も僕のキャリアとなる会社に入社をすることになるのですが、その際も転職サイトを利用しての入社で、入社した後にその会社がとんでもないブラック企業であるということが判明したのです。

しかし転職が何度もうまくいかず焦っていたということもあり、結局その会社で何年間も働くことになってしまいました。

そしてしばらくしてから転職エージェントという転職サービスがあるという事を知って、現在は転職エージェントを利用して現在の職場に転職をしました。

それまでは月の残業時間が100時間以上もある会社で、1日平均15時間働いていましたが、現在の職場は1日の労働時間が7時間で残業は一切なしという会社で働いています。

苦節の末、転職をした入った会社はブラック企業?ホワイト企業?今年の4月末、平成の終わりと共に約15年間勤めてきたブラック企業を退職した僕ですが、おかげ様で転職活動をして約2ヶ月で再就職をする事ができました。今回は転職先が果たしてホワイトかブラックなのかを徹底検証していきます。...

 

その中で大きかったのは、

  • 応募する企業の正しい情報を聞くことができる
  • 自分が転職で実現したいものを優先してマッチングしてくれる
  • 自分が活躍できる会社を紹介してくれる

こういった点になります。

そう、今回解説してきたものを全て転職エージェントが行ってくれるのです。

そのため転職の成功確率は上がってきますし、最も自分が実現したいものを手にいれることができます。

「もし一番最初に転職をするときに転職エージェントの存在を知っていれば…」

そんな風にも思いますが、ブラック企業で何年も勤めてきた経験があって、皆さんにもこういった内容をお伝えすることができるわけなので今となってはいい経験だったのかもしれないと思っています。

転職は何よりも「自分自分が求めるものを実現できる求人」に出会うことが重要です。

そして転職エージェントを利用することによってそれが可能になります。

効率的に転職活動を行うこともできますし、転職に失敗するというリスクをなくすこともできますので、こういった転職サービスを利用してみてください。

僕が利用した、おすめ転職エージェント

転職エージェントは、転職のプロが、その人の適正や、求める条件に最も適した仕事を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用することができます。

転職サイトを使ってみたけど、ろくな求人がなくて、結局転職サイトも信じられない!と思った人はいませんか?

転職エージェントはそんな人にオススメのサービスです。

転職エージェントは人材を企業に転職させる事によってその年収の何割かを成功報酬として企業からもらいます。

転職したのにすぐに辞めてしまうと信用に関わりますので、ブラック企業を紹介するなんて事はなく、優良企業ばかりとなっていますので、その点でも安心です。

利用したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

僕が転職エージェントでオススメできるのは以下の2社です。

現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェントの「リクルートエージェント」と「doda」に登録する事をおすすめします。

 

リクルートエージェントに登録する


 国内最大の転職エージェント!

 

doda に登録する

 満足度2位の国内NO.2エージェント

 

どちらも一般転職サイトに掲載されていない非公開求人を10万件以上もっており、アドバイザーの腕も確かですので、ぜひ登録して下さい。

また転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

また利用の際の気になる点もお伝えします。

 

Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの?

A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。

 

Q:登録するのが面倒では?

A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。
履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。

 

Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫?

A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。
ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。

 

Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが?

A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。
その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。

 

Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの?

A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。
現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。
それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。

 

転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。

どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。

僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは本当に大変ですし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。

ぶっちゃけ、転職は運も必要です。

あなたに合う企業はこの世の中にごまんとありますがそこに出会えるかどうかが一番大事な事です。

迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。

自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。

登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい!

「この会社、すごく雰囲気が良さそうだなあ」
「こんな条件のいい会社が自分の家の近くにあったの?」
「僕でもこんな年間休日120以上の会社に転職できるの?」

どれも僕が面談の際、紹介された求人情報を見て思った事です。

今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです!

\ 国内NO.1エージェント /

リクルートエージェントに登録する

 登録・利用料完全無料!

\ 転職者満足度NO.1 /

doda に登録する

 登録料・利用料完全無料!

 

まとめ:20代、30代の転職で年収を50万円以上アップさせる方法

今回は30歳前後にして大幅な給料アップをしていく方法とその考え方を解説してきました。

やみくもに行動をしてしまうと逆に年収ダウンとなってしまったり、年収アップしたもののブラック企業に入社してしまった、などと転職に失敗してしまう可能性も出てきます。

今回紹介した考え方をしっかり頭に入れて、自分の信念を曲げることなく自分の求めるものを実現していきましょう。

30歳前後であれば転職というものは、企業もその年代の人を必要としているため、決して難しいものではありません。

ただ簡単に内定がもらえてしまうため、それが転職失敗の原因になってしまう可能性もあります。

それを防ぐためには、しっかりとした情報をいかにして入手していくかということが何よりも重要です。

今は転職エージェントというすばらしいサービスを誰でも利用できるようになっているのですから、こういったサービスを100%活用して転職の成功につなげていきましょう!!

 

今の苦痛から抜け出すために今すぐ行動しよう!

絶対に登録すべき転職エージェント&転職サイト(完全無料)

1:リクルートエージェント
国内最大手転職エージェント。非公開求人数は20万件以上あり、全ての年齢層に対応しています。まずは第一に登録するべきエージェントです!
リクルートエージェントの評価・レビュー記事

2:doda
国内第2位の転職エージェントで、非公開求人数は10万件以上。求人の質と数、キャリアアドバイザーの質など、転職成功者の評価が高い、バランスのとれたエージェントです!
dodaの評価・レビュー記事

3:パソナキャリア
非公開求人は上記2社に比べると少なめですが、アドバイザーがどこよりも丁寧にサポートしてくれるので初めての転職でも安心。利用者のサポート満足度はダントツNO.1です!
パソナキャリアの評価・レビュー記事

4:リクナビNEXT
人気ナンバー1の転職サイトです。自分のペースで転職がしたいという方にはオススメ。気になる求人があれば転職エージェントのアドバイザーに相談して、エージェント経由で応募する裏技も使えるようになります!
リクナビNEXTの評価・レビュー記事

 

以下には僕のブラック企業に勤めてからの苦悩、ストレスと過労から病気になるまで働いた経験、そして転職を成功するまでの体験談をまとめてありますので、ぜひ読んでみて下さい。

管理人のブラック企業での苦悩と転職成功の体験談はこちら!