明日にも倒産する会社の雰囲気とは?既に「死んでいる会社」の特徴

「自分の会社は10年後、20年後もこの世の中に存続しているか?」

そんな事考えた事ありませんか?

僕は良く考えます。

「今は良くても10年後、20年後会社がなかったらどうしよう?」
「その時はもう再就職なんてできないしなー」

とか思います。

よく「起業した会社が10年後に生き残っている確率は10%以下」と言われますがこれはちょっと言い過ぎで「中小企業白書」のデータから見てみると、10年後生存率は約70%というのが実際の所です。

でもよく考えてみて下さい。

逆に言えば3割の会社は10年持たず倒産していっており、それによって多くの人が苦しんでいるという事なのです。

もしかしたらあなたの会社も10年以内にこの世の中から消滅している事だって考えられます。

ただ、この倒産しやすい会社はよくよく突き詰めていくとある傾向が見てとれます。

今回はそんな、倒産しやすい会社の特徴や雰囲気、そしてそれに対する対処方法を紹介します。

ほとんどの場合は業績不振が原因。しかし根本的な原因はワンマン社長にある

中小企業庁の統計データによると倒産の原因の8割は業績不振・既往のしわ寄せとなっています。

既往のしわ寄せとは
経営状態が悪化しているにもかかわらず、それに対する具体的な対策を立てる事なく、会社資産をつぶし倒産に至るケースの事をいいます。

つまりほとんどの場合は業績不振・経営悪化によるものという事です。

ただここで考えたいのは、それを呼び込んでしまった根本的な原因が何か?という事です。

そう、それは紛れもなく無能な経営者であり、その経営者が作り出している会社の雰囲気なのです。

経営者、そしてその経営者が打ち出した経営方針、経営者が作る会社の雰囲気を見るだけでその企業に未来があるかどうかが分かってしまいます。

社長にこんな特徴があると危険!

倒産しそうな会社はとにかく、経営者に能力がない場合が多いです。

パワハラ、セクハラは当たりまえ。

とにかく自分が大好き。

社員の満足よりも自分の満足を優先。

社員よりも身内を優先する。

会社のお金を、自分のお金と勘違いしている。

人望がなく、誰も社長を尊敬していない。

などなど、数え上げればキリがありませんが、まとめると以下のようなタイプになります。

  • ワンマンで自分で決めた事が常に正しいと思っている
  • 社員を人材として見ておらず、「働かせてやっているから感謝しろよ」のスタンス
  • 利益意識が薄く、会社の経営の本質が分かっていない

社長という立場は、社員をいかに育て優秀な人材にしていくかを考えないといけないですし、そのためには人望も必要になります。

また将来に対する明確なビジョンがないといけませんし、そのためにどうしたらいいかなど人の意見に耳を貸せる器の大きさもないといけません。

そういった姿勢がない社長、上記の特徴に当てはまる社長は会社倒産の可能性があるため、しっかりと見極めていかないと後で痛い目にあってしまうかもしれません。

社長のパワハラをなんとか10年我慢してきたけど、いきなり倒産という話になったら、これこそ「泣きっ面に蜂」です。

潰れる会社の社員の特徴

潰れる会社にいる社員の特徴も独特のものがあります。

何故かというと、その会社が潰れる可能性があるかどうかは、分かる人は分かるからです。

そういう人は物事を客観的に判断ができる優秀な人である事が多いため、この会社に未来がないと分かった時点で早々に会社を去っていきます。

逆に残った社員はというと、

・既に転職活動を始めている退職予備軍
・何も分からずに働いている若手社員
・オレが定年になるまで会社があればそれでいいという老害社員
・どこに行っても使い物にならない無能社員

このいずれかに当てはまってきます。

考えただけでも雰囲気最悪ですよね!

仕事よりも自分の転職情報集めが優先でやる気のない中堅社員。

定年間近で特に仕事もない窓際族。

それを見てイライラする若手社員。

社長から擁護されてやりたい放題のアホ社員

こんな人たちしかいない職場なんてもうカオスそのもの! その場にいるだけで苦痛です。

常に怒号が飛び、人間関係もギスギスして、精神的にも削られて、、、どんどん疲弊していくばかりの毎日になります。

しかもそれが顧客対応にも表れ、これまでのお客さんがクレーマー化して揉めたり、もう会社として全く機能しなくなっていきます。

取引先や顧客もその雰囲気は分かりますので、取引の減少や売上の減少にもつながっていき、会社の息が切れるのは時間の問題と言えます。

ここまで来れば立派な「死んでいる会社」と言えるでしょう。

倒産する会社の特徴・雰囲気

トップである経営者、働いている従業員の姿を見れば、この会社が潰れそうかどうかという事はある程度わかりますが、それを決定付けるのが会社自体の特徴や雰囲気です。

この3つがそろえば、もうそこに長居する事はありません。

荷物をまとめて、とっとと会社を出ていってしまいましょう!

潰れそうな会社の特徴

  • 暗い。電気を一部しかつけていないし、雰囲気も暗い
  • 挨拶をしない。しても元気がない
  • 社員同士の会話がほとんどない
  • 会社内で壊れている箇所があるのに直そうとしない
  • 社員が働く中、社長は遊んでいる
  • 経費に対して急にうるさくなった
  • 長時間の残業時間
  • 在庫が多い

などです。

あなたの会社にこんな雰囲気がある場合は、もしかしたら10年後、その会社はなくなっているかもしれません。

もしかしたら同僚は既に何かしらの行動を起こしている可能性もあります。

手遅れにならないためにも、あなたも転職などの準備をすすめるべきかもしれません。

転職エージェントを利用して、希望の希望への転職を実現しよう

もしあなたがこれらの特徴のある会社にいるのなら、転職という選択肢も真剣に考えておいた方がいいです。

10年後にどうなっているかは誰もわからないですが、統計学や過去の実例からどういった会社が潰れていっているかという事は分かります。

もしかしたら近い将来にそれが現実となってしまう可能性もありますし、その時は既に動きようがない状態になってしまっているかもしれません。

そのためにも今からリスクマネジメントを行っていくのも大切だと思います。

現在は無料で利用できる転職エージェントもありますので、そのサービスを活用し、より安定感のある会社への転職をしていくのがいいのではないかと思います。

転職エージェントは、転職をしたい人に求人紹介をしてくれるサービスで、登録すると面談を行い、そのキャリアや適正に合った求人を紹介してくれます。

あなたのキャリア、経験、そして人となりを総合的に判断した上で企業を紹介してくれるので企業とのミスマッチが起こりにくくなっており、スピーディかつ効率的に転職活動ができます。

求人案件もしっかりした企業のものしかないので、入社してみたらブラック企業だった!という事もありません。

また以下のようなサービスも行っています。

・転職相談
・履歴書・職務経歴書の作成サポート
・面接対策・模擬面接
・年収・面接日の調整・交渉

企業に応募する際は担当のコンサルタントが推薦状を付けてくれるので書類選考通過率も高く、転職サイト一本で活動している人より一歩も二歩も抜き出る事ができます。

紹介される求人も現在の収入をベースにしているため、大幅な年収アップの可能性も視野にいれる事が可能ですし、こういったサービスを全て無料で受けることができ、また一切料金がかかるという事はありません。

利用したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

国内2大エージェントのリクルートエージェントとdodaがおすすめ

現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェントのリクルートエージェントとdodaに登録する事をおすすめします。

どちらも多数の非公開求人や独占求人をもっていますので、あなたにぴったりマッチする企業もきっと見つかります。

一般サイトには掲載されていない求人が10万件以上もありますから、可能性はぐんと広がっていきます。

転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

リクルートエージェントのメリットとしては

リクルートエージェントのメリット
  • 業界NO.1で企業からの信頼も厚い
  • 非公開求人件数20万以上。幅広い業界の求人がある
  • 面接力向上セミナー、模擬面接なども受けられる
  • 土日の面談も可能
  • 拠点数が最も多い
といった点です。

 

特に面接力向上セミナーは本当に役にたちますし、履歴書の志望動機を書くのに役立つ内容も聞けますのでぜひ一度受けてみてほしいです。

dodaも非公開求人が多く、エンジニア、IT系にも強いのでそのジャンルを狙っている方にもおすすめです。

dodaのメリット
  • メーカー、エンジニア、IT系に強い
  • 10万以上の厳選された非公開求人
  • 優良中小企業の案件も多数
  • 利用者の満足度NO.1できめこまかいサービスが受けられる
もちろん、エンジニア、IT系意外の職種も豊富に揃っています。

非公開求人はコンサルタントが本当に企業とマッチングする人にしか紹介をしないため、競争率も低く、転職への成功率も高くなります。

また不安な事があれば相談することもできますし、客観的な意見を聞くこともできます。

一人で活動をするよりも効率的に転職活動ができ、また希望の転職が叶う最も最適な方法ですので、ぜひ転職エージェントを使い転職成功をつかみとって下さい。

>>DODA公式サイトはこちら

   

 

>>リクルートエージェント公式サイトはこちら

40代の場合は、年齢を重ねるたびに登録が難しくなっていくという現実もありますが40代前半で、ある程度の社会経験があれば登録拒否をされる事はあまりありません。
今転職を考えていなかったとしても、登録して面談を受けておけば、その後もサービスの利用ができますので、まずは登録しておくのが良いですよ。