仕事辞めたい

残業時間が長い場合は転職しても良い!残業のデメリット・メリットとは?

サラリーマンの中で残業をしている方って結構多いですよね。

多いというよりはほとんどの方が残業してるってイメージがあります。

日本の会社では未だに、「残業をするイコール正義」みたいな風潮があって、残業時間まで含めてが一日の労働時間って思っている人が多いんじゃないかと思います。

普通に一日10時間労働とか、長い人だと13時間労働とか14時間労働もしている人もいるんじゃないでしょうか。

でもそれで本当にいいんでしょうか?

僕も残業をやりながら「この残業は何のためにやっているんだろう?」という事を毎日のように考えていましたが、皆さんはどうでしょうか?

今回は、残業時間をする事のメリット、デメリットなどについて考えていきます。

仕事でお悩みの方は

仕事での悩みは放っておくとうつ病などを発症するリスクもあります。限界が来ると何もできなりますので、リスクマネジメントの意味でもプロのキャリアアドバイザーに相談しておく事をオススメします。

リクルートエージェントで無料相談

 

結論:残業はしない方がいいし、頑張らなくていい

残業をやるメリットというのはほとんどないですが、逆にデメリットは数え上げればきりがありません。

日本人がいつから残業という言葉を使い始めたのかは知りませんが、こんな悪しき習慣はとっとと日本から排除すべきです!

会社のノルマが達成できないからって言って、そこで頑張る必要はありません。

5時なら5時、6時なら6時の定時が来たらさっさと身の回りの片付けをして帰宅についてしまいましょう。

他の人に何を言われようと、上司に何を言われようと構いません。

仕事はしっかり所定の労働時間分働いていますし、やるべきこともしっかり終わってます。

そもそも残業をやることのメリットってなんなんでしょうか?

そのあたりの事をはっきりさせましょう。

残業をするメリットとは?

その日の仕事をその日の内に完了できる

残業のメリットはキリの良い所で、仕事を完了出来ること。

その日の仕事はその日のうちに終わらせれる。

これくらいしかありません。

ただ、そもそもその考え方が間違っている。

そもそも、普通に仕事をして残業をしないといけないってナニ?

残業アリが前提になっている仕事じゃなくて、時間内に終わらせれる業務にするのが会社の役目じゃないの?

残業代がもらえる

残業のメリットは残業代がもらえる事。

ただ残念ながら、全ての人がこれに当てはまらない場合もあったりします。

残業代の支払いにはだいたい3つのパターンがあります。

  • 残業をした分だけもらえる
  • 固定残業代制になっている
  • 残業代は一切もらえない

 

でも残業をした分だけ残業代がもらえるという会社は実際少なく、ほとんどの会社は固定残業代制もしくは完全サービス残業という所が多いのが現実。

完全サービス残業なんていう所は残業なんてする必要まったくなし。

お金も与えずに従業員を働かせるのは完全に違法ですので、そんな会社はとっとと辞めてしまいましょう。

固定残業代制の場合も25万円の給料の内訳が

  • 基本給 10万円
  • 諸手当 5万円
  • 固定残業代 10万円

こんなふざけた給料明細の方、いませんか?(僕がこんな感じでした)

誰が見てもその割合がおかしい給料明細とかあります。

残業代の計算をすると1ヶ月100時間分の残業を想定しているような給料になっていたりする場合もあるのでご注意を!

それにボーナスは基本給が基準になるので、そんな会社は「うちはボーナス2ヶ月分!」といっても実際の支給額は20万円と、一ヶ月の給料よりも少ない場合があったりします。

あなたの会社もそんな手を使っているかもしれませんので、一度給料明細をしっかりチェックしましょう。

残業をしないデメリットは?

生産性も落ちるし、人間をダメにする、コストの無駄遣い

残業が普通になると生産性が落ちるのが普通。

社員も「どうせ残業あるから、手を抜いてやるか」という考えになって、人間としての成長もストップしてしまう。

そしてできない社員はいつまでも残業しているから余計な残業代もかかってくるという、まさに会社にとっては三重苦のはずなのに、なぜ経営者はそれに気付かないんでしょうか?

残業は個人の時間も奪っていく

もともと、仕事というものは生きるための手段。

自分自身の生活を豊かにするためにお金を稼いでいるのに、なぜその自分の生活を犠牲にしないといけないんでしょうか?

自分の時間があれば、友人と食事に行ったり、勉強をしてそれを仕事に活かしたり、趣味を楽しんでリフレッシュして翌日の仕事に望めたり、良いことだらけなのに、そんな貴重で大切な時間を会社は盗んでいるんです。

時間かえせー!と思いっきり言いたい。

心と体にも悪く、家族にも影響する

普通に定時に帰る事ができれば7時頃には食事ができて、規則正しい生活ができるし、家族揃って食事したりする事もできる。

一人暮らしの場合だと自炊して栄養のある物を食べる事だってできます。

でも残業があると、遅くに帰ってきて自分一人で作り置きの食事をチンして食べたりと、とにかく淋しい。

一人暮らしだとコンビニ弁当が主な食事になって健康にも悪い。

残業時間が長くなればもっと不規則になって、体を壊したりもします。

僕も残業、パワハラ、過剰なノルマでストレスが溜まって、うつ病の恐れがあるという事でドクターストップになった事もあります。

でも、それでも会社は何の責任もとってくれません。

結局、「それは自分の管理能力が足らないせい」で一蹴されてしまいます。

残業のカードを切るっていうのは社員が残業によって働けなくなってしまった責任も負わないといけないって事を、会社は知らないといけないんじゃないでしょうか。

とはいってもなかなか残業せずに帰るのは難しいです

かと言って、「俺今日から残業するとはなかなか言えないもの」ですよね。

ここでちょっと残業せずに帰る場合の対応策をちょっと考えてみましょう。

家庭の事情を作る

手っ取り早いのは、会社にやむを得ないと思わせる理由を作ってしまうこと。

  • 妻が病気になってしまった
  • 親が介護が必要になってしまった

すぐに治るような病気だったりするとすぐに残業復帰しないといけなくなってしまうので、なるべく重病に設定しておきましょう。
会社が「だったら仕方がないな」と思ってくれたら、作戦成功です!

残業代を払っていると言われる

固定残業代を払っている会社はだいたいこのように言ってくるでしょう。

そんな時はちょっと大変ですが、1ヶ月の残業時間が45時間以上ある月を6ヶ月作りましょう。

法律で45時間の残業を超える月は最高6ヶ月までと決められているので、残りの月は最高45時間までの残業しかできなくなります。

45時間といえば1日平均2時間ぐらいの残業ですみますので、ちょっとは楽になるかも。

既に6ヶ月以上45時間以上の残業がある場合は、1ヶ月の残業時間が45時間以内でないといけませんので、この法律に従いましょう!

残業しないと残業代がもらえなくなる

そんな人は、自宅でできる副業がオススメですよ!

絵を書くのが得意ならココナラとか、文章を書くのが得意ならクラウドワークスとか、いろんな副業ができるサービスがあります。
月数万円程度の残業代分ぐらいなら、慣れてこればすぐにカバーできるようになりますよ。

さすがに月10万円の固定残業みたいな場合はちょっと難しいかもしれませんが、そういった会社は逆にいてもしょうがないので転職をしちゃってもいいと思います。

転職をする

もうどうにも我慢ができなくなった時は思い切って転職をしてしまいましょう。

試しに金曜日有給休暇をとって、夕方5時頃に近くの駅を見に行って下さい。

楽しそうに話しながら家路に着くサラリーマンや近くのバルで同僚と飲んだりしている人がいっぱいいるはずですよ。

世の中には残業がなくても十分に売上を達成している優良企業がたくさんあります。

そんな企業に転職すれば、あなたもそんな人達の仲間入りができるんです。

5時に終わって家に帰って好きな事ができる。

趣味が楽しくなる。

食事の味が分かるようになる。

まさにノー残業ノーストレスです!

まとめ:時間は自分のもの。どう使うかは自分で決めましょう

今回は残業のメリット、デメリット、そちら無意味な残業から抜け出すためにはどうしたらいいかを考えてきました。

残業は基本的に良いことなんて何もありません。

その時間は本来自分自身が有効に使うべきものなんです。

周りが残業じているからと言って残業をしてもそれが評価されて、大幅に昇給がされるなんて事はありません。

適正な時間だけ働き、自分の価値を認めてくれるそんな会社はたくさんありますので、そういった企業で活躍した方が人生よっぽど幸せですよ!

転職を検討される方は、絶対失敗しない転職方法で!

長時間の残業で悩まされている方は、転職エージェントを利用して転職の相談をしてみるのもいいと思います。

転職エージェントは転職をしたい人に転職相談、求人の紹介、などをしてくれるサービスで、完全無料で利用ができるようになっています。

転職サイトを使ってみたけど、ろくな求人がなくて、結局転職サイトも信じられない!と思った人はいませんか?

転職エージェントはそんな人にオススメできます。

転職エージェントは人材を企業に転職させる事によってその年収の何割かを成功報酬として企業からもらいます。

転職したのにすぐに辞めてしまうと信用に関わりますので、ブラック企業を紹介するなんて事はなく、優良企業ばかりとなっていますので、その点でも安心です。

アドバイザーの方は転職のプロですので、的確なアドバイスをしてくれますし、あなたのキャリア、経験、そして人となりを総合的に判断した上で企業を紹介してくれるので企業とのミスマッチが起こりにくくなっており、スピーディかつ効率的に転職活動ができます。

企業に応募する際は担当のコンサルタントが推薦状を付けてくれるので書類選考通過率も高く、転職サイト一本で活動している人より一歩も二歩も抜き出る事ができます。

紹介される求人も現在の収入をベースにしているため、大幅な年収アップの可能性も視野にいれる事が可能です。

利用したからといって最終的に転職エージェントから紹介された以外の企業に転職しても全く問題ないですし、その際も料金は一切かかりませんので、安心して利用ができます。

僕が転職エージェントでオススメできるのは以下の2社です。

転職成功者が必ず利用する転職エージェント2社

現在転職エージェントは多数ありますが、国内の2大転職エージェントの「リクルートエージェント」「doda」に登録する事をおすすめします。

・リクルートエージェント公式サイトはこちら


国内NO.1転職エージェント・利用料完全無料

 

・doda 公式サイトはこちら

転職者利用満足度NO.1・利用料完全無料

 

どちらも一般転職サイトに掲載されていない非公開求人を10万件以上もっており、アドバイザーの腕も確かですので、ぜひ登録して下さい。

また転職に成功した人は複数の転職エージェントに登録しています。

求人内容は各転職エージェントで異なり、それぞれの独占案件も多いので、複数のエージェントに登録する事が転職の成功の近道です。

また利用の際の気になる点もお伝えします。

 

Q:転職エージェントは本当にお金がかからないの?

A:利用料は完全に無料です! 転職エージェントは企業に人材を転職させる事によって、その人の年収の何割かを成功報酬をしてもらうというビジネスモデルですので、一切お金がかかる事はありません。

 

Q:登録するのが面倒では?

A:各転職エージェントともにすぐに登録ができるように設計がされおり、早ければ5分ほどで登録ができてしまいます。
履歴書や職務経歴書などのファイルがあればアップロードするだけで良いですし、会員登録後に簡単に作れてしまう「レジュメメーカー」を利用する事もできます。

 

Q:紹介してもらえる求人はどんな会社? 本当に大丈夫?

A:転職エージェントを利用する会社は、優良企業以外はありません。
ある程度安定した企業でないと転職エージェントは利用できませんし、また企業との信頼関係も重要となり転職後すぐに退職してしまうような会社や、ブラック企業の紹介はありませんので、安心して大丈夫です。

 

Q:履歴書や職務経歴書の書き方、面接など不安なのですが?

A:転職のプロが、それぞれの企業にあった書類の書き方や、具体的な面接対策をしてくれます。
その他、転職サイトには書かれていないようなコツやテクニックなども聞く事ができます。

 

Q:まだ転職するかどうか悩んでいる段階だけど、相談だけでもいいの?

A:転職をするかどうか悩んでいる方こそ転職エージェントを利用する事をオススメします。
現在の状況やこれまでのキャリアを話して、転職ができるかどうか、またできる場合はどういった企業があるのかを聞いてみて判断しましょう。
それから利用するかどうかを決めてもいいですし、利用しなくても全く問題ありませんので、心配はいりません。

 

転職エージェントは最初に登録をして、面談をすれば、後はあなたに合った求人を転職エージェントを紹介してくれます。

本当に転職をしないといけないと思った時は、精神的にも参ってしまって何もやる気が起きない状態になってしまっている場合も多くあります。

どれだけ利用してもお金は一切かからないので、登録して面談だけ受けておけば、いざという時にすぐに行動に移す事ができます。

僕がそうでしたが、気力がなくなってから転職サイトや転職エージェントの登録をするのは本当に大変ですし、年齢が上がれば上がるほど転職は不利になります。

ぶっちゃけ、転職は運も必要です。

あなたに合う企業はこの世の中にごまんとありますがそこに出会えるかどうかが一番大事な事です。

迷っていたらいつまでたってもそんな企業には出会えません。

自分自身からそのチャンスを掴みにいった人だけが、理想の仕事に出会って、幸せな未来を実現できるのです。

登録は数分しかかからないので、まずは登録して、面談の中でどんな求人が紹介されるのかを実際に見て下さい!

「こんなにも年収が上がるの?」
「こんな条件のいい会社が自分の家の近くにあったの?」
「僕でもこんな年間休日120以上の会社に転職できるの?」

どれも僕が面談の際、紹介された求人情報を見て思った事です。

今あなたが踏み出す事によって、今までとは全く異なる幸せを掴んでいく事ができるはずです!

 

 利用料完全無料!
 国内NO.1転職エージェント

 利用料完全無料!
 転職者利用満足度NO.1のサポート