雑記

PCエンジン世代がPCエンジンミニに入れてほしいゲーム 5選

PCエンジンミニ

アツいニュースが飛び込んでまいりました!

なんと、、、往年の名家庭用テレビゲーム「PCエンジン」が復刻するとの情報がはいりました!

コナミより「PCエンジンミニ」として発売決定となったのです!!(∩´∀`)

※アイキャッチはPCエンジン mini公式サイトより

PCエンジンってなんじゃそりゃ!?

ファミコンは知っとるけどPCエンジンは知らんぞ?

という人も多いと思いますので、今回はPCエンジンの簡単な紹介と、「PCエンジンミニ」に個人的に入れてほしいゲームベスト5をご紹介したいと思います!

 

ファミコンと真っ向から対決したPCエンジン

PCエンジンPCエンジン(PC Engine)とは、1987年10月30日に日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)から発売されたHE-SYSTEM規格に基づく家庭用ゲーム機。当時のメーカー希望小売価格は24,800円。

引用:ウィキペディア

当時家庭用ゲーム機といえば任天堂のファミリーコンピュータ(ファミコン)が主流でしたが、そこに一石を投じようと発売されたのがPCエンジンなんです。

ファミコンとは比べ物にならないグラフィックの美しさ、そしてオーケストラのような美しい音色と、初めてプレイした時のドキドキ感は今でも忘れる事ができません!

そして合体ロボ好きの心を激しくゆさぶった、CD-ROM2!(CDロムロムと読んでください!)

なんとPCエンジン本体にドッキングする事ができ、よりハイスペックなゲームが楽しめるようになったのです!

PCエンジンとCD-ROM2引用:ウィキペディア

これはもう買うしかありません!

気になるお値段はPCエンジン+CD-ROM2、合わせて82600円(!!)

一ヶ月分の家賃に匹敵する超強気のお値段です!

この、かなり攻めすぎ感のある価格設定もあって、販売台数はファミコンや、その後に登場するスーパーファミコンには太刀打ちする事ができず、残念ながらPCエンジンでミリオンセラーになったソフトというのも出てきませんでした。

ただその当時、ファミコン一強の時代に真っ向から対決したという意味で、大変価値あるゲーム機だったと思います。

なんといってもゲームセンターでプレイしていたゲームがほとんどそのままのクオリティで家庭で遊べるのは本当に衝撃でした!

超個人的主観!「PCエンジンmini」に入れるべきソフトBEST5

それではPCエンジン超個人的ベスト5の発表です!!

第5位 ビクトリーラン

PCエンジン ビクトリーラン

発売:1987年12月
メーカー:ハドソン(現在はコナミ)
ジャンル:レースゲーム

僕がPCエンジン本体を買った時に、一緒に買ったソフトなので、若干思い出補正アリです!

とにかく毎日徹夜してやってました!

パリ・ダカールラリーをモチーフにしたようなレースゲームで、ただ走ってコースをゴールするだけでなく、壊れた箇所の修理をしながらクリアしなければいけないという、頭も使うレースゲームでした。

コースもオンロードあり、オフロードありと、子供ながらにパリダカに出たような気持ちでプレイしてました。

ただ、難易度が高かったのか、最後までクリアできませんでした、、、

第4位 プロテニス ワールドコート

プロテニスワールドコート(PCエンジン)

発売:1988年8月
メーカー:ナムコ(現在はバンダイナムコ)
ジャンル:テニスゲーム

第4位は当時「ファミスタシリーズ」で人気のあったナムコより発売された「プロテニス ワールドコート」!

テニスゲームとしても優秀なデキですが、ぜひおすすめしたいのはクエストモードという、もろドラクエのパクリのようなモードです(というより完全パクリです)。

テニス王国の平和を取り戻すために刺客のテニスプレイヤーと戦っていくという、RPGチックなモードなのですが、ストーリー性は全くなく、もはやギャグです!!

テニスに勝つと次のクエストに進むのですが、相手も少しずつ強くなっていくので、相手を倒すとこちらもかなり腕が上がっているという、すばらしいモードだったと思います!

数字の経験値ではなく、本当の意味での経験値が備わっていきます!

またマルチタップという周辺機器をつなげると最大4人でダブルスプレーができるという画期的なゲームシステムがあり、友人と盛り上がった記憶があります!

第3位 R-TYPEI・II

R-TYPE PCエンジン

発売:1988年3月(R-TYPEIIは1988年6月)
メーカー:ハドソン(現在はコナミ)
ジャンル:シューティングゲーム

PCエンジンの最高傑作の一つを言っていいでしょう!

第3位はハドソンの「R-TYPE I」「R-TYPE II」です。

アーケードゲームでは1作で全部つながっているのですが、PCエンジン版は大人の理由(?)で前編、後編に分けて販売されていました。

ただそれ意外はもうアーケードゲームそのもの!

武器をパワーアップしたときは派手にレーザーやらビームやらを撃てるようになるのですが、その興奮と爽快さは今でもしっかり覚えています。

僕がもっともやりこんだゲームです!

第2位 ときめきメモリアル

PCエンジン ときめきメモリアル

発売:1994年5月
メーカー:コナミ
ジャンル:恋愛シミュレーションゲーム

このゲーム有名なので、ご存知の方も多いと思います。

ただ、ときめきメモリアルはこの「PCエンジン」版がオリジナルなんです。

ときめきメモリアルが発売されたのは1994年。

PCエンジン発売の3年後の1990年にスーパーファミコンが発売され、累計1700万台の出荷がされており、1994年の12月にはソニーからとんでもない家庭用ゲーム機が出ると噂されていた時期(これがプレイステーション!)だったので、PCエンジンの時代も終わりかな~と思っていた時期で、この頃は僕もほとんどPCエンジンはプレイしていませんでした。

そんな時に発売されたのがこの「ときめきメモリアル」だったのです!

約10人の女の子達が登場し、お気に入りの子から告白を受けるというのが最終目的ですが、全ての女の子を落とすために何回もプレイしました。

リアルな世界でまったくモテなかった僕に夢を与えてくれたゲームという事で、みごと第2位にランクインです!

第1位 天外魔境II 卍MARU

PCエンジン 天外魔境II

発売:1992年3月
メーカー:コナミ
ジャンル:RPG

これはもうPCエンジン史上に残る名作中の名作!

1位をときめきメモリアルにするか、多少悩みましたが、やはり1位ははずせません!

ダントツの1位です!

適度な難易度でサクサク進むゲームバランス。

かといってすぐに終わらないボリューム感。

ストーリ性よし、声優さんよし、そして音楽担当はなんとあの久石譲さん!

なぜ久石さんがゲーム音楽?となっちゃいますが、全ての要素で◎!

最初から最後まで気持ちよくプレイできるRPGです!

PCエンジンミニの発売日や予約は?

気になる発売日ですが、現時点(2019.6.14)では、発売日未定となっているようです。

(2019.7.14)ついに発表されました!

Amazonでは、早速PCエンジンミニの特設ページができていますので、気になる方は定期的にチェックをされるのが良いかと思います。

 

まとめ

以上、超個人的に選んだ、PCエンジンミニに入れてほしいゲームタイトルを5つ紹介させていただきました!

中には、他のゲーム機に移植されているものもありますので、気になるものがあれば、ぜひ一度プレイしてみてほしいと思います!

上記の他にもPCエンジンには名作と呼ばれるソフトがたくさんあって、

  • カトちゃんケンちゃん
  • ビックリマンワールド
  • ドラゴンスピリット
  • 源平討魔伝
  • ワンダーモモ
  • スーパー桃太郎電鉄
  • スーパースターソルジャー
  • イースI・II、イースIII
  • スナッチャー

などなど、枚挙にいとまがありません!

PCエンジンミニに収録されるゲームが何になるのか、今からワクワクが止まりません!